うさぎを溺愛している飼主が管理するブログです (*^艸^*) なのだ=夢語でちよ=SANDY語デス。

2007/11/14

夢くんとSANDYくんのイメージUP作戦  携帯から

12日はJAMりんの誕生日でした。

朝から夢が私に背を向けて、
『マッサージするなのだ』のポーズを。

夢をマッサージしながらJAMりんの話を始める私。

夢は、じぃーっと聞いてくれました。

夢はいつも私が話したい時は
何故かじぃーっと聞いてくれる。

そんな夢にはいつも感謝です。

可愛い可愛い息子です(*^_^*)

さて、続いてSANDYくん!

この子もよく話を聞いてくれる子です。

昨日悲しいお話を聞き、
その時は平常心を保てたものの…
SANDYに伝えるときになると
やはり悲しくて、涙をボロボロこぼしながら
やっとの思いで伝えました。
いつもならケージを開けると飛び出す子なのに
察したらしく、大人しく撫でられながら
話を最後まで聞いてくれました。

この子もとても可愛いウチの子になりました。

昨日から私の今までの考えに少し変化が。

(これについては達成されたときに)

さて、こんなによく話が聞ける息子たち。

じゃあ…
何故噛まないように話が出来ないのか!!

と、噛まれたみなさんは思うでしょう。

これは随分時間がかかるかもしれないです。
夢が恐怖から抜けるか年を取るかですねー。

人間もそうですが、
時間しか解決できない問題が
世の中にはいっぱいありますものね。

恐怖というものもそうかな。
実際恐怖を味わったときに感じた気持ちや
その時に嗅いだ匂いや
耳にした音や天気や全てのものって
なかなか忘れられないものですしね。

こんな平和そうな私でも
以前味わった恐怖はなかなか消えません。

そんなわけで、
噛まれてるみなさんも今は諦めて、
夢が5歳くらいになるまで待って
夢に触ったげてくださいな♪
そしたら忘れてるかも(笑)

あくまでも『かも』ですからねん(・ω・)ノ


クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ