今年のおもいで

2013/3/24 | 投稿者: おとも

保育園では、一年ごとに子供たちの描いた絵を、「おもいで」として一冊にまとめてくれます

うちの子たちは9月からの入園だったので、作品の数は多くはないものの、作品を見ると、がんばったね、という思いと、先生に対する感謝の気持ちとがわきあがってきます。

1歳児クラスの娘は、シールを貼ったり、スタンプを押したりして作品を作ったようです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

表紙のパンダ、多分鼻と口を自分で貼ったのでしょう。お口が上下さかさまのようで、パンダが笑顔ではなく、困ったような顔になっているところが、なんとも娘らしいような気がします。

息子は表紙が多分ひまわりですが、葉っぱが自分の足型になっていて、ダイナミック。誰が考えるのかわかりませんが、すごいアイデアに脱帽帽子です。

クリックすると元のサイズで表示します


この表紙は保育参観の時に、パパと一緒に作りました。目と口、花びらは息子がはさみで切ったようです。上手に切れるようになったね、と思うと同時に、まだ2歳くらいの時にははさみを持たせる時にすごく心配だったな、という気持ちを思い出しました。

大きい子のクラスでは、切り貼りにプラスして、クレヨンで追加して描く、といった作品が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

作品の出来はいずれにせよ、一つ一つの作品を見るたびに多くの思いがわきあがり、まさに おもいでです。

先生、毎日お世話になりました。来年度もまたよろしくお願いします
2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ