チャギントンルームへその2

2012/10/26 | 投稿者: おとも

ホテル最上階フレンチレストランに入りました。割とすいていたので、少しばかり騒がしくなっても許してもらえそうな雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します息子はぬりえ付きのメニュー表をもらい、何だかわからないながらも特別な雰囲気を感じた様子。

しかし、さすがフレンチ、一つ一つ出てくるタイミングがかなりゆっくりです。お腹をすかせた子供たちにはこの待ち時間が辛いもので…。結局、お散歩と称して、レストランをふらふら見物したりして時間をつぶしました。

クリックすると元のサイズで表示しますお料理が出てきてみると、時間はかかってもやはりフレンチ。幼児用のコース料理で出てきたハンバーグプレートはかなり本格的。ソースの艶やかさにみんな驚きました。味もかなり良かったみたい

今まで、息子は大皿どーんというスタイルに慣れていたので、少しずつお皿にのって何回も出てくるのは初めての経験です。

まだ1歳の娘が食べられる料理があるか心配でしたが、単品でお子様用スパゲッティとポテトとスープがあたので注文しました。

このミートソースが意外に本格的ですごくおいしかったです。娘も口の周りを真っ赤に染めながら食べつくしました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します食後、ハッピーバースデイの曲がかかり、花火で飾られたワゴンで誕生日ケーキが運ばれてきました。

クリックすると元のサイズで表示します今までも誕生日のお祝いをやってきたけれど、やっぱりこういう場所でのお祝いは特別なかんじでいいもんです

店員さんが見守る中、ろうそくの火を消した息子は、恥ずかしながらもとっても嬉しそうでした。

おめでとう、もう5歳なんだね!

クリックすると元のサイズで表示します


お腹いっぱいで最後まで食べられなかったので、残りは家に持ち帰ることにしました。

どうにかこうにか、素敵なレストランでお祝いができて本当によかったです。親はゆっくりとお料理を味わうことはできませんでしたが、息子の喜ぶ顔が見られて何よりです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

またいつか、時間に余裕が持てる年頃になったら、ゆっくりとコース料理をあじわってみたいと思います

3



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ