†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
神に選ばれたとした思えん  投資

何この株価WWWWWWWWWWWWWWWWWWW

WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW


神は確実に存在した。

そして、この幸運に感謝。


クリックすると元のサイズで表示します

過去20年くらい、月足で2000円級の陰線を引いた時は、大抵そこが
下降トレンドの始まりだったんだよね。
瞬間的なリバウンドを取りに行くことは可能かも知れないが、現状バイアスを
持って買い向かうのはリスクが有り過ぎると思う。
仮に馬鹿でかい下降トレンドが発生するならば底打ちまで3年かかることもあり得る。
なんちゃら、バブル崩壊とか言われるやつ。
ITバブル、リーマンショック、本バブル、堀江モンショック。
今回? 債権バブル崩壊だとすると? 最善のシナリオは債権→株への資金移動が起こることだけど。 機関は相当な痛みを伴う。マーケットはずっとボックスで動いてきたんですよね、この何十年か。なので個人は皆逆張りを好んできて、そしてそれが成功の手段だった。ところが21000円を超えてきたことで、上に放れたとみた投資家は果敢に買い向かったのだけど、今マーケットが発しているメッセージの本質はここにあると思う。

すなわち、上放れがだましか否か?この点。
だましの場合調整は数年かかるし、そうでない場合は指数で18000円から21000円で調整を終えると見る。これは2008−2009年を起点とした流れから自然な押しだと思われる。果たしてどちらでしょう?前者の場合はPERの理屈も役に立たないと思う。何故ならマーケットは今を評価しないから。
マーケットはいつ如何なる時も未来しか見ない。

債権バブルが崩壊しても、日本のマーケットが崩れない条件は複数ある。
米10年債が落ち着くこと、円高回避、商品、特に銅の上昇トレンド維持、
米輸送株指数が上昇トレンドを維持すること。
この場合、仮にNYがブラックマンデーのような急落が起きても日本のマーケットは、早期に回復できると、そしてその場合未曽有の最後のバブルが発生することもありえる。



13



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ