†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
目移りして困る  投資

このところずっと投資関係の資料を見ています、主に四季報中心ですが魅力的な銘柄多くて
多くて目移りして困ります。

チャートだけ見て買える期間は終了しました。
これからは中身も吟味して、チャートと照らし合わせる必要があります。
正直手間です。
ですが、この作業が楽しいと感じる間はマーケットと付き合えるのだと思います。

昨年来見ておられる方は知っておられると思いますが、昨年の値上がり上位の大半は
ギルドから出ています。
もしくは、ギルドで触ったことがある銘柄です。

何が買われるのか?
何故買場セトはこの銘柄を選んでいたのか?
私は自分の言葉を削除していないので、それらは私の過去の言葉を見ていただいたら、理解し学べると思います。

全て完全先出が、億トレです!!

動揺して我を忘れている瞬間も有りますが(゜ー゜;Aアセアセ
私的には如何なる株関係の本を読むよりも、参考になると思いますけどね。

何故なら、株関係の本や投資関係の本には本当に必要なことが書かれていないからです。

このスレにはそれが有ります。

株や投資関連の本を5冊読んでも100冊でも読んでも勝てなくて、マーケットから去っていくのは
そのためにです。

そう

このスレにはマーケットの全てが有るのです!!!
1

随分長くマーケット見てきました。   投資

本バブル崩壊を戦った恐らく最後のトレーダーが買場セトでございます。
10年以上相場師と生き、マーケットと戦い天下を取り最後の最後に討たれました。
リーマン前のことです。
マーケットの異常に気付き、空売りで戦い巨額の損失を出しました。
リーマンショックが始まったのはその1週間後だったか?3か月後だったか?

全てを失い、株を買う資金すら無くなった時に見た空は余りにも青く
眩しかったです。
その時の感動が無ければ、私はここにいなかったでしょう。

山にこもり、滝に打たれました。
ヘビースモーカーでしたがタバコを止め、大酒飲みでしたがアルコールを止めました。
もしかすると、たばこやアルコールどころか歩くことすらままならぬ状態だったのかも
知れません。

それから数年経ち、アベノミクスを見て再起を目指しました。
2銘柄も買うと、担保不足と警告が出る事実に苦笑しながらも不思議と冷静でした。
そして昨年のトランプ劇場の始まりです。

恐らく、全世界最速で最後のバブル発生を予言したと思っています。
(書いたものは私のスレやブログに残っています)
そして果敢に攻めに攻めて今に至っているのが・・・・・・今です。


計画通りいけばこの数年で指数は最後の大天井を打ち、そこで私は国内マーケットからは引退となるでしょう。


完全復活となれば、その資金で世界中の貧しい子供達を救う施設を作りたいと夢見ています。

アフリカかどこかアジアの国に住んでいるかも知れません。
それまでは、まだまだお付き合いをお願いしたいと思います。クリックすると元のサイズで表示します
0

4026神島化学について   投資


買場セトが唯一王者と名付けた株ですが、とうとう1700円台を付けるまでになりました。
一番初めに書いた時は800円台だったのでそれなりに上昇して参りました。
まずは順当です。

週末モードで少し解説しましょう、何故神島化学を王者としたのか?を。
買場セトの思考は実は複雑でして、実際の思考をそのまま書けていないのを
常日頃危惧しているところ、思考の流れ等を実質1億分の1も書けていないと思っています。
流れをすっ飛ばして結論だけ書いていることが多い。
しかもジョークをwithさせているので余計難解にもなるでしょう。
サバも得意ですw


まー私的にはその流れを推理して欲しいのですが。。。
それが力を付ける原動力になるからです。

元に戻りましょう、それでは何故神島化学は王者だったのか?

まず基準から
1保有メリットが高い
2グロース企業であること
3低perであること

当時1は配当利回りで2%台、そして貸し株金利4%台??
2は中期経営計画を見て、マグネシウムの化成品としての魅力を感じたこと。
そして、壮大な夢ですが石油代替エネルギーとしてのマグネシウムの魅力に気がついたこと。
(これに関しては、レーザーを使用した太陽光からの発電の本を熟読しました)
また、電池材としてのマグネシウムの可能性です(これは神島が絡んでいるのか未確認)
3に関しては当時10倍を切っていたような気がします。


買場セトには鉄板シリーズをありましたが、神島化学の3桁は鉄板の中の鉄板、王者たる資格があったと思います。

保有するだけで、配当と貸し株金利合わせて年利で7%をもらえて、株価は割安に放置されているの
ですから上がらないはずがないと思いました。

・・・・・・・・・

そして昨日の決算ですよ。
なんと増配のおまけ付でした。

ここまで来たらもー上がらないのでいいのです。
上がる必要性も無、配当をいただいて、貸し株金利5%台をいただいて長期保有でいいのです。
下がっても結構、美味しくいただけるのですから。

仮にですよ。
1000株保有していたら、年間貸し株金利が8.5万円配当は2万円もらえる可能性
があるのです。(変動しますが)
保有しているだけ10万円のお小遣いをいただける。

そんなバカげた美味しい話がどこに転がっているのでしょうか?

計算間違ってないよね?(゜ー゜;Aアセアセ
当時は三桁だった訳でよりリスクが少なかったという訳。

この思考の流れが神島化学を像王者と認定させて訳です。

ただね、ずっと気になっているのですが、神島の貸し株金利が何故執拗に高いのか
全く意味不明です。

全銘柄中5-6番目じゃないかな?
他はジクゾーやアカツキやらメタやら胡散臭い新興の名だたる銘柄郡ですよ(゜ー゜;Aアセアセ
相当な違和感があるのが神島化学の貸し株金利です。

何か裏があるのでしょう。

・・・・・
長くなるのでまだまだ話は続くのですが、このへんで
0

トレーダーというよりも  投資

トレーダーというよりもファンドマネージャーに近い,
というよりも

デュエリストWW


デッキの構成を、時に攻撃型に時に守備型にする。

カードはマジックカード、トラップ、カウンタートラップなど多種多様なカード
があり、中には不動のカードもあるし、切り札もある。


後はマーケットに合わせて選択していくだけ。


絶対的なカードに頼るのではなく、デッキの構成、バランスに頼る、賭ける。
下げ相場でも上げ相場でも、対応できる。
ショートを使うこともあるし、低ベータで対応することも可能。
場合によってはETFも使える。


問題は断捨離ができないことか?
制限をかける必要を感じる今日このごろ。


再起を期した時は1-3銘柄で一杯一杯だったが、今はその気になれば
ほとんど無制限に買えてしまう。

何らかの規制がいると思う。
0

チリも積もれば  投資

ご存知の方も多いと思うのですが、ドルコストでアメリカ株に投資しています。

既に十数年にもなるので、掛け捨てのつもりだった投資が結構な金額に
なりました。

為替ヘッジもしてないので日々の変動は大変な金額になっています。
 また、デッキも大半が株式投資なので、保有金融資産の変動率はバカげた状況
にあると思っています。
安定資産皆無ですw


昔はファイナンシャルプランナーの資格なんぞも持っていましたが、顧客の
皆さんにアドヴァイスするとしたら絶対してはならないことをしていると思います。



そんなの絶対ダメ!
激し過ぎる!

みたないなw


・・・・まー笑い事じゃないんだね、なんとかしないと・・・・・


ただ、これまで気にしないでやってきたのは既に自分自身の資産の増減などには
興味が無くなってしまっているからなんだね。


マーケットや、個別の変動を予測する時にそれらの概念は邪魔になるから。

無が一番。

そして何時のまにやら許容範囲を超えてしまったんだね(゜ー゜;Aアセアセ




































0




AutoPage最新お知らせ