2011/10/2

フランス旅行記のご案内。  Voyage/旅


9月2日〜9月12(13)日、フランス旅行に行ってきました。

9月2日〜3日、ストラスブール
クリックすると元のサイズで表示します

9月3日〜9日、ナンシー & リュネヴィル
クリックすると元のサイズで表示します

9月9日〜10日、パリ
クリックすると元のサイズで表示します

9月10日〜12日、リヨン
クリックすると元のサイズで表示します

リヨンはまだですが・・・
他のブログページで旅行記を書いてます。
旅に使えるかも?というインフォを加えました。
フランス旅行のお役にたてるかな?
興味のあるかた、覗いてみてくださいね〜
(日付横の町の名前をクリックしてください。)
1

2011/4/10

台北旅行・・・複雑でした。。。  Voyage/旅

あのとてつもなく大きな大きな地震のあと。
福島の原発問題が浮き彫りになった、地震の一週間後。
後ろめたい気持ちのまま 私は台北を訪れていました。


日本とは違う、もっと恐ろしいニュースが流れていた台北。
飛行機の18時間前、台湾人の友人から
“放射能検査を受けて、問題があれば
服はとりあげられて、肉体も除菌を受けなければならないし、
場合によっては入国できないよ”って連絡。

直前に“行くのをやめる”と言ったら、
“来ないで、と言っているわけじゃない”
“放射能検査をクリアできれば問題ない”って。

悩んだ上、とりあえず成田に猛ダッシュで行って、
ANAの係員さんにいろいろ確認をしてもらって。
“そんな情報は成田には入ってきていない”と。

結局、台北の空港で
“放射能検査ゲート”を通って、問題なし。

再会できてとっても嬉しかったんだけど、
友人の第一声が“放射能検査大丈夫だったの?”で、
なんだか複雑な心境、再び・・・


楽しい気持ちとなんとも表現しがたい気持ちが
入り混じったまま、Taipei101へ。
クリックすると元のサイズで表示します
ものすごく、眩しく感じました。このイルミネーション。。。
私は被災者ではないけれど、
多くの日本人が心を痛め、精神的に不安定になってしまったのと同様、
私も不安定だったんだよね。
だから、必要以上に眩しくって、それが余計に悲しかった。


台湾だって、大きな地震にみまわれ、
大変な苦労をして、ここまで頑張ってきたのにね。
それに気づく余裕がなかったよ。。。


この旅行中、友人よりも、
彼女の旦那さんのお父様と沢山お話してました。
イタリア出身(現フランス人)である彼は、
大きな地震やAcqua altaの怖さを知ってました。
まだ消息のわからない私の母の従姉妹とその家族の話をしたら、
“希望を持ち続けなさい”と何度も励ましてくれました。


クリックすると元のサイズで表示します
台北から車で1時間ほどの"Coastal ecology park"
台北の眩しさとは違って、少し平静さを取り戻せた場所でした。
0
タグ: 台湾 台北 Coastal

2011/1/7

ちょっと冬眠・・・  

このブログを書き始めてから、
たぶん?1年半ほど。

1年4カ月の長旅だったフランス滞在。

まだまだ余韻に浸っている状態は続いており・・・

次の旅へでる準備が出来ていません


ということで。
ちょっと冬眠に入ります^^遅いケド。


いつも読んでくださっていた皆様、ありがとう♪♪

A la prochaine fois!
2

2011/1/1

Résumé2 C'est fini! mais sans fin...  Nouvelles Lyonnaises/リヨン便り

明けましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくおねがいします♪♪

12月31日の夜、無事日本に帰ってきました。
(気持ち的には、"帰ってきちゃった・・・")

終わりよければすべてよし、って言うけれど。
うん、確かに。

フランス語???な状態で渡仏した私にとって、
スタートは"つらい!!!"ことだらけだったな。
授業は難しいし、買い物してても?だったし・・・

でも、どうやら好奇心のほうが勝っていたようで、
一人で色んな場所に行って、いろんな人と出会って、
つたない言葉に一生懸命耳を傾けてくれる人たちに出会って、、、
少しずつ、前進できて、心を開けた気がする

で、結局。やっぱり最大の思い出は良い友達にめぐりあえたこと。
一緒に遊ぶことが楽しい、ってだけじゃなくて。
 ちゃんと、目標を持ってフランスに滞在している人たち。
結婚を機にフランスに居住して、
 でもちゃんと将来を見据えて行動している人たち。
いろいろ。
 たくさんのパワーをもらって帰ってきました^^

"僕たちは早死にしなきゃ、いつか再会できる、そう信じてる"
と言った友人がいるのだけど。
詩人?とつっこみを入れたくなるのと同時に、
ものすご〜く寂しかった。。。
でも、帰国したら、なんとなく受け入れられた。

で、気づいた!!
"いつか"再会できても、フランス語の勉強(使用)を続けないと、
今みたく意思の疎通ができないじゃん!!と。

がんばろ〜っ。
いろんなこと。
みんなと、再会できることを祈って。

Bonne année!!
A la prochaine fois!!!!!

2

2010/12/22

Résumé1・お友達♪  Nouvelles Lyonnaises/リヨン便り

来週には帰国ということで、
日々、お友達と遊んでいます♪

もしかしたら二度と会わないかも??
と思ってしまうこともあって、
お家に帰ると、寂しくなってしまうことも

滞在期間を延長した7月〜12月。
とっても内容の濃い、楽しい日々を過ごせました!!

この半年間で出会った人たちは沢山。
7月には、よくアジア人女子チームで遊んでました^^
クリックすると元のサイズで表示します

8月は、語学学校のベテラン先生たちが休暇で、
若手の先生、そしてたった二人での授業もあった、残念な学校生活。
その後、クラスを変更して、とっても楽しいクラスに入ることができました♪
クリックすると元のサイズで表示します
一か月単位の学校なので、
すぐにバイバイしなくちゃいけない人も多かったけど、
社会人経験者が多い&年代が近いということで、
ホントに楽しかった
9月〜11月は、先生にもクラスメイトにもめぐまれました!!

クリックすると元のサイズで表示します
私は12月で学校を辞めて、
パリでスタージュをしたりしてたけど、
リヨンに戻ったら会おうね、と言ってくれた人たち、
ホントに何度も遊んでくれました

そして。
滞在中に出会った一番大切な外国人のお友達。
クリックすると元のサイズで表示します
FaceBookだけでなく、Skypeも使おうね!との約束。
マイクもカメラもない私の。日本帰ったら早速調達しなくっちゃ!

さらに。
トリコ・テの仲間のみなさん♪♪
クリックすると元のサイズで表示します
もっと早くからやっておくんだった!!

仲間に恵まれて、楽しく過ごせた滞在。

でも、言葉の壁から意思の疎通が上手く図れず、
殻にこもって複数の友達との縁を断ち切ってしまったコがいます。
旦那さんが労働許可を持っているので、一生フランスで生きていくはず。
でも、フランスが大嫌いなコ。
どうしてるかな・・・?時折気になるけど。
遠くから祈るしかないよね。。。

30日の夜、リヨン→パリの、パリ→成田の飛行機
泣きべそかいてる日本人を見かけても、そっとしといてくださいませ
多分私だから
2
タグ: フランス 海外



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ