・イベント出展情報
・お取り扱い店舗情報
・ご意見板、メールフォーム
http://souvenir123.petit.cc/apple1/

・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2018/1/1

2018  日々のこと



あけまして

おめでとう

ございます



新年、て良い響きですね。

これまでの幕がいったん閉じて、また開くような。
いつもと同じように日が変わっただけなのに、時間と空間のけじめをつけた気になる不思議。


こちら、毎年恒例(?)の指針でございます。


2010 現状維持

2011 整える

2012 静と動

2013 転じる

2014 満ちる

2015 保存する

2016 ゆるやかに

2017 暮らす


なるほど、なるほど。

振り向けば、ああ、そんな一年だったなあと実感するスーべニール指針。

つまりは、生きることだ。と書いた昨年元旦の思いは、毎日の生活との向き合い方を、これからの人生の迎えかたを大きく考えさせられる結果となりました。


様々なドラマに溢れた2017年。
ひと通りの喜怒哀楽を経験し、その気持ちの振り幅に対応すべく、様々な試行錯誤を重ねた年でした。

それらの試行錯誤の中で、一番役に立ったことは「読書」だったように思います。


「一年間で、365冊の本を読んでみたい」と思い立ち、それはそれはあらゆるジャンルに手を出したものです。

ビジネス書を読む習慣は何となくあったものの、一日一冊ペースではすぐにネタ切れになってしまいます。
小説、エッセイ、経済、ファッション、インテリア、医学書、児童書、料理本、語学書に手を伸ばし、必死のパッチで読み続けてきました。

本の細かい描写や知識は忘れてしまうことも多いのですが、ゆるっと身についた読書習慣は恐らく一生モノで、それは2017年の大きな収穫でした。

特に小説には本当に沢山のことを教わります。
(作り話であると分かっていながらも)登場人物の生き方を、文章に乗ってそのまま追体験することで、一日が一週間が何倍にも濃く感じられます。まるで彼らの物語がそのまま私の人生のサンプルとして取り入れられていくようで、それは予想以上の結果でした。


そんな一年を越えて、本年の指針はこちらです。



2018 しなやかに



感覚でしか語れませんが、「軸」があると多少ブレてもなんとかなる気がするのです。

世の中には様々な縛りがあるものですが、
(その例えとして)女は、妻は、娘は、長男の嫁は、作家は、販売員は、日本人はこうあるべきだ。という、良く言えば常識、悪く言えば呪いをフワっと手放し、法に触れない範囲で舞ってみたいと思います。

その着地点がどこにあるのかまだ見えていませんが、肩肘張らず、しなやかな軸を作るために大きな転換期となる一年のような気がします。


道端で舞っていたらそっとしておいてくださいね(笑)

どうぞ本年もよろしくお願いいたします(o^^o)



クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ