・イベント出展情報
・お取り扱い店舗情報
・ご意見板、メールフォーム
http://souvenir123.petit.cc/apple1/

・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/6/8

Take away souvenir  ニューヨーク日記’17

クリックすると元のサイズで表示します



山村光春著「Take away souvenir」


おみやげ(souvenir)が人のココロをこんなにもワクワクさせるものなのか。
おみやげが手に渡り、記念品(souvenir)として物語があり続けるのか。


初版が出たのが2004年3月。
シンプルなのに心躍る、布製のブックカバーにくるまれた新書を手に取り、レジに並んだ。
ちょっと厚手のページに書かれた数々の、不器用で暖かい生き方。それが当時の自分にすっと入り、モノを通じて渡る思いというものに心惹かれた。

そしてその一か月後に、私の屋号を「souvenir(のちのスーベニール)」でいこうと決めた。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




14年目を共に迎える一冊。
少し色あせて、逆にそれがまた愛おしくって、不器用な人たちの小さな物語にまた再会したく、ページを繰るのだ。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ