2009/6/13

この子どこの子  動物病院のお仕事

いよいよ入梅しましたね。 その割にはお洗濯は綺麗に乾きましたが。

入梅前後、めっきり増える問合せに迷子があります。ツバメやスズメ、時にはめじろ。ヒナが巣立つ季節なんですね・・・今年の初迷子ちゃんは、カラスでした。

「道に落ちていた」と拾ってくださる方もいらっしゃるのですが、巣立ちの準備は簡単ではないもよう。保護したつもりが、じつは誘拐だった!ということもあるのでご注意を。

先日の電話は「動けない」というご相談で、道に佇んでいる間に野良猫に狙われたり、交通事故に遭う危険もあるので、お連れいただく事になりました。

体は傾いているものの、羽根を広げてもレントゲンを撮っても大きな損傷は発見されず。ひとまず段ボール箱に入れて様子を観察する事になりました。

食べ物は、鳩のえさで有名な数種の種や穀類、それからドッグフード。カラスは雑食性で脂肪を好むので、この子もドライフードはお口に合ったようです。夜になる頃には、体の傾斜もだんだん持ち直しておりました。

翌日はタイミング良く、野鳥に詳しいパート先生が来る日。

「親が見てるかもしれないよ」「きっとまだ近所にいるはず」

確かに保護されたのはこの先の交差点だけど、ほんとにちゃんと見ているの??
半信半疑で、アドバイス通りヒナを金網ケージに移し、見通しの良いベランダに置いてみると・・・

うっそぉ〜

数時間後、そぉ〜っと覗いてみると、どこからともなく現れた親カラス2羽。すぐ傍の電線にとまって、互いに啼き合っているではないですか!

   父ちゃん、ここだよ。母ちゃん、待ってて。
   おまえ、だいじょうぶかい

とでも言い合っているんでしょうか?

パート先生が、これなら大丈夫とお墨付きも出てゴーサイン。無事に放鳥となりました。


翌日、保護したお兄さんから連絡が入り、「ご両親にお返ししましたよ〜」と言うと、
ええっ!ほんとッスかっ!
と感動の叫び声が。

ええ、ほんとうですとも。

ホントに、お迎えに来るんですねぇ・・・わたしも感動しましたわ。
5
タグ: 迷子 誘拐 野鳥



2009/6/15  7:50

投稿者:ウーロン

昔燕を保護したことがあります。
鳥は嫌いなんですが(笑)


カラスは賢いですよね。
でも怖いです…。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ