2012/2/25

実車は引退秒読み…模型は制作開始  模型

来月のダイヤ改正で廃止(臨時列車化)が決定している寝台特急「日本海」。定期では唯一のプルマン式A寝台車オロネ24-0を組み入れ、金帯車・白帯車・引戸車・折戸車がランダムに組成された編成が今となっては魅力的に映ります…。
そんな「日本海」を再現しようと思い立ち、今日その種車を購入してきました。

クリックすると元のサイズで表示します
中古屋で購入した種車。左からオロネ24-0,オハネフ24-0,オハネフ25-100金帯。
オハネフ25-100は旧製品のため、床下・シートを分配パーツ(品番:6241)と交換して現行製品のグレードと合わせました。

クリックすると元のサイズで表示します
新品で購入した種車。手前がオハネ25-0(北斗星仕様),奥がオハネ24-0。

クリックすると元のサイズで表示します
カニ24-100は中古屋でジャンク品を種車として購入しました。床下と窓ガラスは分配パーツを別途購入して交換する予定です。

クリックすると元のサイズで表示します
今回の「日本海」編成のバリエーション用としてマイクロ製品のオハネフ24-10とオハネ24-3も加えることにしました。元々はマイクロ版『夢空間』セットに入っていたものです。

全車共通の加工として帯モールドを削るほか、寝台車は非常口の溝と洗面所窓を埋める加工もあるので、全塗装は必須となります。
そこで、金帯の再現に便利なパーツも購入してきました。それがこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します
壁面シートやカーテンパーツでおなじみのエヌ小屋の新製品「帯カットシール」。
金帯と銀帯の2種類があり、貼り付けるだけで帯色を変更できる優れモノでございます。
今回の加工で使ってみようと思います。

制作ペースは相変らずの牛歩ぶりですが、焦らずじっくり取り組もうと思います。
TOMIXが得意の“さよならシリーズ”で「日本海」をやってくる可能性も考えられるので、それまでには完成させたいなぁ…。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ