2011/7/30

KATO 225系0番台新快速  模型

昨年末頃から運用を開始したJR西日本の225系。東海道・山陽本線系統用の0番台と阪和線系統用の5000番台が登場しており、前者は223系2000番台4両編成を併結して最大12両編成となって新快速・快速・普通運用に、後者は223系0番台・2500番台と組んで関空快速・紀州路快速運用に入ったり単独で阪和線系統の快速や普通運用にそれぞれ活躍しています。
歴代の新快速車両を製品化してきたKATOから225系が製品化されるのは当然の流れといえるもので、昨日発売されたので行きつけの模型店で早速購入してきました。

クリックすると元のサイズで表示します
ユーザー取付部品がないので(厳密にいえば優先席シールがありますが)、購入後すぐに併設のレイアウトで走らせてきました。
歴代新快速車両を製品化してきただけあって出来は文句ナシなんですが、注文をつけるとすればフォグランプはもう少し明るく点灯してもいいかなぁ…。側面の行先・種別表示も223系2000番台みたいに別パーツ化するとユーザーの自由度も上がるのではないでしょうか…。まぁ側面表示はサードパーティのステッカーを使えばなんとかなるか…。

クリックすると元のサイズで表示します
左から225系0番台,223系2000番台,223系1000番台。
実は225系の店頭発売は行きつけの模型店の店長から前日に聞かされていたため、223系1000・2000番台は225系の購入を前提に持ってきていました。

製品化発表が先行したTOMIX版225系も販売形態や価格の詳細情報が出ましたが、う〜ん…8両揃えるとKATOよりも割高なんですよね…最近実車が登場した6両のL編成も限定品扱いだし…。5000番台も含めてTOMIX版はもう少し様子見することにしましょう。下手すると5000番台はラウンドハウスブランドから出る可能性もあるからなぁ…。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ