2015/7/2

ミャンマー女ひとり旅その1〜雨の洗礼〜  ミャンマーぶらり

気がつけばアフちゃんも10歳と半月を迎え、6月も終わり7月に…。江戸からこんにちは。ノムラです。

さてさて。先日まで私はミャンマーにおりました。腹をくだし気味ではございますが無事帰国し、病院でお留守番してくれていたアフちゃんとも再会することができました〜(涙)。(今回はほほえみデブの出張と重なり、アフちゃんはデブとお家で留守番はできなかったのです…)

てなワケで、今回も感想文を兼ねた旅行記をアップしていこうと思います。長いので、暇な方だけ読んでください。

(一日目)

向かうは「アジア最後のフロンティア」と称されるミャンマー。
この国へ旅行したいと思ったきっかけのひとつに映画「ビルマの竪琴」があります。かわいいオウムちゃんが「オーイ〜、水島ァ〜一緒二日本二カエロウ!」と発するシーンは映画の名シーンとしても知られております。

が。

私は今回の旅行にあたり、出発の一週間前まで、旅行好きの友人が皆口を揃えて「良い国だ!」という「ラオス」に旅行すべきか、「ミャンマー」に旅行すべきかで悩み続けておりました…。

(ラオスにしようか…ミャンマーにしようか…)

そんな折。水島上等兵役でもある中井貴一氏が某健康食品とともに私の夢に登場し、これを何かのお告げの様に感じてしまった私は、あれだけ悩んでいた行き先をあっさりミャンマーに決めたのでありました。

さて。
当初はバンコクまで飛んでLCCのエアアジアを使いミャンマー入りすることを考えておりましたが、現在、日本からミャンマーへは、直行便が飛んでおります(※全日空のみ。一日一便というスケジュール)。
ラッキーなことに私が普段から貯めているのはANAのマイレージ。今回はマイルを使用したため航空券代はタダであり(※ただしサーチャージや空港使用税は別途必要)、更にこの日は平日なこともあって機内はガラガラ。隣のシートまで短い足を伸ばし、快適すぎる空の旅のまま、7時間後、飛行機はヤンゴン空港へと到着しました。

ヨロヨロとリュックを背負い、イミグレへと向かいます。

ちなみにミャンマー入国にはビザが必要ですが、2015年現在、E-VISA制度というものがあり、ネットから簡単にビザの申請が可能です。サイトにアクセスし、ここでパスポート番号等をはじめとする必要事項と顔写真をアップロード。あとはカード決済後、折り返し送られてくるメール添付のファイルを印刷し、空港に持参するだけでOK。他国のビザ取得に比べて手続きが簡単なのも、旅行者にとっては嬉しいところです。

そんなこんなであっさり、イミグレを通過した私…。

「さ、両替、両替〜」

と両替カウンターに向かいますが、ここで衝撃の事実が発覚しました。

「日本円ハ両替デキマセヌ」

「えっ!」

カウンターのオバさんの一言に固まる私。

「ま、ま、マジで…?」

そうなのです…。ここミャンマーでは日本円の両替が不可能なのです…。空港だけではなく、ほとんどの両替所が、USドル、ユーロ、シンガポールドルのみ現地通貨に両替可能でありました。私は地球の歩き方を持参していたにも関わらず、両替ページをキレイに読み飛ばしており、今頃になって気がついた事実に青ざめてしまいました。

(どうしよう!ホテルの支払いだってあるのに!!)

頼りの綱は、家からかき集めてきたUS$200のみ。

頭の中で必死に数日分必要であろう金額を計算しながら、とりあえず現地通貨のチャットへはUS$95を両替することに…。残りに関しては旅行しながら考えよう…。

が。

「ダメ。汚レトル」

「!!!!」

折り目の入った札や汚れた札を突っ返され(後に旅行していて分かったことですが、ミャンマーではドルは新札を用意せねばらなず、ひどい折り目や汚れがついたものは受け取ってもらえません)

ガーン!

というワケで、汚れたUS$5札が2枚、シワクチャのUS$10札の1枚を除く、合計US$80を現地通貨のチャットに両替。富豪にでもなったかと錯覚させるような結構な数の札が出てまいりました。(このへんはベトナムに近いものがあります)

(あああ〜どうしよう…)

異国に感動する余裕もなく、タクシー乗り場に向かいます。

さて。ここでわたくしノムラのよもやま話ですが、昔からイベントや旅行ごとで、雨に見舞われる…という経験はあまりなく…。「この時期は必ずスコールが降りますよ」と脅されていた結婚式ですらその日は38度超えの晴天だったことから、晴れ女を自称しておりましたが…。

ミャンマーの雨期には勝てる筈もありませんでした…。

到着早々、雨に打たれながら流しのタクシーと8000チャット(日本円にして約800円)で交渉し、目的地のホテルまで向かいます。

「あんたミャンマーはじめて?今は雨期だよ」

「はぁ…」

しかし、ここまでひどいものをまったく想像していなかった。バケツをひっくり返したような大雨に、自称晴れ女、気分がどんどん沈んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します

空港からは渋滞が続き、ダウンタウンの中心にあるホテルまでは1時間半以上、眠気をこらえながら、ようやく予約していたホテルにたどりつきました。

そうして重たいリュック背負い、ドアを開けた瞬間、

「…お、おう…」

ヤンゴンのホテル事情ですが、これは地球の歩き方にもあるとおり、外国人旅行者の増加でホテルが不足気味で、値上がりが続いております。
とくに、中級〜私の泊まるような安宿は旅行者の数に対して圧倒的に数が足らず、ホテルだけは設備がクソでも日本並み(ホテルによってはそれ以上)の値段だったりします。

私の泊まるこの「アッガユースホテル」(系列に「アッガゲストハウス」がある)は、バカ高い値段設定だらけのヤンゴンでは超貴重な安宿。一泊US13〜の値段設定で(これは雨期の値段で、ハイシーズンはUS$23〜26あたりのようです)バックパッカー御用達のホテルであります。
なので、ミャンマー行きが決まった途端、慌ててネット予約を入れたのでありました…。特に雨期は歩いて探すのも億劫になるくらい酷い雨なので、私のような旅行スタイルをされる方は、ミャンマーに行かれる際、最初の日だけでもホテルを予約しておくことを強くおすすめします。

「ヤンゴンでも貴重な安宿だ〜!町の中心部にあるから立地だっていいんだぞ〜!」

といったところで、シャワーもお湯が出たり出なかったり、水はけが悪い上に部屋に蚊がぶんぶん飛んでいるわ、窓がないわ…。

お値段相応かもしれません(涙)

が。

「エアコンあり、テレビあり、シャワーもある…。Wi-Fiだって使用可能!インドで私が宿泊した宿の数百倍ステキな宿だわぁ〜」

と気持ちを奮い立たせます。

時刻は午後17時。

このまま湿気を吸いまくったベッドで眠るだけというのもムカついたので、町のランドマーク的存在でもある「スーレーパヤー」という寺院に向かうことに。

さて。タクシーに交渉の末、2000チャット(200円)で、スーレーパヤーまで連れて行ってもらえることになりました。

が。

タクシーを降りた瞬間、大粒の雨がからだを直撃。


目の前には黄金に輝く仏塔…。慌てて日本から持参したカッパを羽織るも、虚しく、その間に雨に打たれまくり、黄金の仏塔もぼやけて見え…。

私の頭の中ではTMレボリューションの「ホワイトブレス」が流れまくります…。

「ひええええええええ!なんて雨なんだぁ〜」

あまりの大雨は、暑さを通り越し、涼しさを感じさせる程です。常にシャワーを浴び続けているような感覚で、

(これはこれで楽しいかもしれない…)

などと気持ちに余裕もでてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
(レインコートとニューカレドニア旅行で購入した水中カメラがヤンゴンでは大活躍だぜぇ〜涙)

境内は床一面プールのよう。何度もスッ転びそうになりながら、休み、また歩き…。ヒイコラいってる私の横に、次から次へとお参りに訪れる人々。

(ミャンマーの人々は本当に敬虔な仏教徒なんだなぁ)

と、心打たれるのでありました。

つづく…


〜ポレポレの旅がコミックエッセイになりました★〜
「ドタバタ女ひとり旅〜世界の端から恥まで〜」


〜9割が酒、日常をつづるブログはこちら〜


〜ボツネタ放出中の4コマブログはこちら〜

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ