タクシー求人情報はこちら

【中国経済の実態と貿易摩擦問題】

  | 投稿者: 知恵梟

───────────────[PR]─
『疲労感』を軽減し、
頭の冴えをサポートします!
味の素(株)「毎朝ヒスチジン」
初めての方限定のお試し商品500円
http://i.mag2.jp/r?aid=Ma0792
─[PR]───────────────


■■■--------------------------------------------------■■■

      「一緒に歩もう!小富豪への道」

     ***** 2018年7月20日 Vol 651 *****

(おかげさまで現在の読者15,030名、ご愛読ありがとうございます!)


〜豊かな人生を送るため、最初の一歩を踏み出してみませんか〜

   (株)銀座なみきFP事務所がお手伝いします。
            ↓
        http://www.ginzafp.co.jp/


  資産運用・資産防衛・相続対策・国際分散投資アドバイス・
  コインほか現物資産投資アドバイス、独立FPによる公正中立な
  ご案内をいたします。


       配信中止はこちらからお願いいたします。
             ↓
  https://mypage.mag2.com/mypage/subscribe/SendSubscribeMagazineListMail.do


■■--------------------------------------------------------■■


【事務所のポリシー】



弊社は規模の拡大を目的としておりません。


弊社の目的は資産運用の世界でより高みを目指し、
その成果を一人でも多くの方に役立てて頂くこと、
これに尽きます。


販促活動は極力行わず、事務管理や経理、事務所運営など本業と
関係のない業務は全てアウトソースし、徹底的に固定費を削減して
リーズナブルなご相談費用を設定する一方、資産運用に関する
コンサルは、代表の田中がお一人お一人丁寧に対応させて
頂いております。


なお内容の中立性を維持するため、このメルマガは一切の
有償広告と相互紹介を受け付けておりません。




■■--------------------------------------------------------■■



【中国経済の実態と貿易摩擦問題】


みなさんこんにちは。

例えばある上場会社Aの今年の売り上げが100憶円だったとしましょう。

このA社が業績を良く見せるため、
データをごまかして売り上げを120憶円と発表したとします。

この段階ではさして不都合は起こりませんが、
次の年はどうなるでしょう。

仮に次の年のA社は業績がよく、
110憶円の売り上げをあげたとしましょう。

でも上記のようにA社は昨年の売り上げ実績を120憶円と
発表していますので、そのまま110憶円と発表すれば減収となって
しまいます、その場合おそらくA社株は売られてしまうでしょう。

そこでA社の経営者は考えます。

今年もまた売り上げを水増しして発表しよう・・・

そう考えた結果A社の次の年の売り上げは、
昨年発表した120憶円に対し20%増しし、
144憶円となるわけです。

つまりリアルな数字110憶円に対して144憶円の売り上げです。

このようにして過去に行ったたった一回の水増しによって、
A社は次年度以降もゴマカシ決算を続けることになります。

そしていつしか累積された水増し金額は、
もうゴマカシきれないほど大きくなり、
ついに白状ざるを得なくなるというわけです。

日本の上場会社では通常このようなことは起きませんが、
どうやらお隣の中国では、国家ぐるみでこのようなゴマカシが
頻繁に行われているようです。

昨日(7月19日)の日経新聞の朝刊記事に、
「中国が毎月発表する鉱工業企業の利益について、国家統計局が
過去の水増しを修正したと認めた。」とありました。

中国の当局が認めたということは余程のことで、
きっと延々と続けた水増しが累積し、
ゴマカシの限界に達していたに違いありません。

前年の数字を水増ししますと、それを基準にした当年の
対前年同期比は逆に小さくなってしまいます、
それをごまかすために当年の数字をさらに水増しする、
そしてさらに翌年も・・

同国の統計データを見渡すと、ほかにもあちこち同様の
「ゴマカシの蓄積」が見えます。

例えば地方政府が公表するGDP統計です、
すでに天津市は今年1月にGDP水増しを公表してしますし、
上海市や重慶市、浙江省、広東省など19地区でも水増しの
疑いがあります。

国家レベルでもさきほどの企業利益だけでなく、
小売売上高や工業生産など他の分野でも水増しを疑わせる
データが以前からありました。

最終的には統計データの本丸ともいうべき、
中国のGDP成長率自体が水増しではないかと強く疑われています。

同国は先日4-6月期のGDP成長率を6.7%と発表しましたが、
これなども怪しいものです、前期1-3月期の6.8%から減速していますが、
実体は相当悪化しているのではないかと疑わざるをえません。

では仮に中国経済の実態が、たとえば5%前半程度の
成長にとどまっているとしたらどうでしょう。

まず冷静に見ておきたいのは、すでにそのような水増しを前提に、
今の世界経済が成り立っているという点です。

そのような観点で見れば、別に中国経済の成長率が6.7%ではなく
5.2%であったとしても、それそのものが世界経済に負の影響を
与えることはないはずです。

ですからこれは、中国固有の問題にとどまるとみてよい
のではないでしょうか。

それでもあえて世界への影響を考えるとすれば、
その最大のものは外交ではないでしょうか。

2000年以降の中国のわが国やアジアの近隣国に対する強硬な
姿勢を見ておりますと、やはり経済成長に対する強い
自信がより所になっているとみて間違いないと思います。

逆に言えばその自信の裏付けたる経済成長が止まれば、
おのずと近隣諸国に対する姿勢も融和的なものに
ならざるをえないはずです。

ですからこの問題は、私たちにとって悪いことばかりでは
ないと思います。

もう一つ指摘しておきたいのは、いま進行しつつある
米中間の貿易摩擦問題への影響です。

仮にむこう数四半期にわたり、中国で低成長傾向が
続くようなことがあればどうでしょう。

貿易摩擦による経済への悪影響は、
いまの政権にとって致命傷になりかねません。

その点に配慮するなら、アメリカに対する姿勢もまた、
妥協を含んだものにならざるをえないのではないでしょうか。


この点も世界にとって決して悪いことだとは思えません。





では今回はこのへんで。



感想メールを頂けると助かります、できるだけ返事は書いています。

・参考になったところ
・反対のご意見
・自分はこう思う
・他にこんなこと教えて
・少し、解りにくかったよ

などなど、何でも結構です。

info@ginzafp.co.jp

あてお送りください。

メールの内容は、このメルマガや弊社ホームページで
(もちろんお名前を伏せて)ご紹介させて頂く場合があります、
困るという方はメールに「紹介不可」とご記入くださいね。





■■--------------------------------------------------------■■


【思いつくことなど】


読者の皆様、
暑中お見舞い申し上げます!


今年の夏はホント暑いですね、
僕は暑いのが好きなのですが、
ここまで暑いとキツイです。


でもいいこともたくさんあります。

休みの日、昼間に飲むビールはこたえられませんし、
冷たく冷やしたソーメンも最高です、
暑い暑いと言いながらみる野球もいいものですし、
短パンにゾーリでペタペタ近所を歩く感じも僕は好きです、
クーラーの効いた部屋で本を読むのも最高です。

でもなにぶんいい歳なもので、
熱中症に注意しながらこの暑い夏を楽しみたいと思います。




■■--------------------------------------------------------■■


【ご挨拶】

初めてお読みいただく皆様へ。

銀座なみきFP事務所の田中です。
このたびは、当コラム配信にご登録頂き誠にありがとう御座います。


このコラムでは、国内で市販されている株式投信、保険、債券など伝統的
な金融商品にとどまらず

・海外ETFやヘッジファンド
・商品インデックス・ファンド
・世界のクラシック・コインやカラーストーンなど現物資産
・国内の不動産や海外の不動産
・スイスのプライベート・バンクを使った運用諸手法
・相続や節税に関する諸手法
・貴金属地金
・法人保険を用いた節税手法

などさまざまな金融商品や投資手法のなかから、私独自の視点で
選んだテーマと、それらに対する私の考えなどを、皆さまにお話しして
行きたいと思います。

また時には歴史のこと、社会のこと、人間の心理のこと、芸術に関する
ことなど、資産運用と関係のないお話をさせて頂くこともありますが、
それは私には資産運用と、このようなテーマはどこか奥の深いところで
つながっているように思えるからです・・・


いずれにしましても、このメルマガがすこしでも皆様の生活にお役に
立てば幸いです。




■■--------------------------------------------------------■■


■ご注意

本コラムの発行にあたり、記事の正確性には十分に留意しておりますが、
本コラムの内容に基づくあらゆる投資について、当社では責任を取るこ
とはできません。

また本コラムは読者への情報提供、あるいは資産運用に関する啓蒙を
目的として発行されており、いかなる投資商品の勧誘を行うものでも
ありません。


■このメルマガに対するご意見、ご感想、ご質問など何でも結構です。
 お寄せいただければ、とても励みになります。
           ↓
        info@ginzafp.co.jp


■■■--------------------------------------------------■■■



発行元      (株)銀座なみきFP事務所 
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 アイオス銀座ビル4F

     「金融商品取引業者登録」投資助言・代理業
        関東財務局長(金商)第2063号 

      東京商工会議所 会員
    
Mail: info@ginzafp.co.jp
公式 HP : http://www.ginzafp.co.jp/
    コイン専門HP: http://www.antique-coin.jp/
     TEL : 03-6278-7652
FAX : 03-6278-7653

発行者  田中徹郎
    (日本証券アナリスト協会認定 プライマリー・プライベート・バンカー)
    (日本ファイナンシャル・プランナー協会 AFP)
    (日本テクニカルアナリスト協会 テクニカルアナリスト)
   (家族信託普及協会所属)


----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000141697.htm
発行者Webサイト: http://www.ginzafp.co.jp/
----------------------------------------------------------------------

  

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎一緒に歩もう!小富豪への道
のバックナンバーはこちら
⇒ https://archives.mag2.com/0000141697/index.html?l=lnv16936a5

◎一緒に歩もう!小富豪への道
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000141697.html?l=lnv16936a5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "マネー/株式/投資情報"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●3点チャージ投資情報
http://www.mag2.com/m/0001205530.html  週刊

利益率+5%で44連勝(2016/01〜2017/08、投資期間30日)。数多くの単行本や
雑誌が紹介、暴落に強い「3点チャージ投資法」公式メールマガジン。
3点チャージ投資法はシンプルなテクニカル分析で、的中率の高いのが特徴。
「サブプライムローン破綻」「リーマン・ショック」「東日本大震災」等の
大暴落でも、分析は正常に機能し、底値的中銘柄が続出。執筆者は同投資法を
考案・実践中の個人投資家。毎週、注目銘柄を紹介し、そのパフォーマンスも
全て公開。売られすぎ銘柄の底値を冷静に分析し、着実に資産増強を目指します。

★発行者webもご覧ください↓
http://3-charge.b.la9.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽『マネーボイス』人気記事トップ5
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●あまり報道されない「水道民営化」可決。外国では水道料金が突然5倍に
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b4d681e70aa9

●鳥貴族、値上げで業績悪化へ。値上げ組の企業が軒並み苦戦、遠のく脱デフレ
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b4d681e83387

●「やばい!お金が必要だ」不動産担保ローンでピンチを打破した4人の成功事例集-PR-
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b3090fd44ec3

●米国のリストラが止まらない。外食チェーン店員から、教職員までもが解雇へ
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b4d681e86a33

●写真でわかる「すごいリノベ投資」。元・不人気物件でなぜ満室経営できるのか?-PR-
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b29ae870213e

『マネーボイス』 http://i.mag2.jp/r?aid=a5a67f3f41df2f
専門家と個人投資家の本音でつくる総合金融情報メディア

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽注目の著者 独占インタビュー!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●TRF・SAM氏「テクノは嫌い。歌手の後ろでは絶対踊らないことがポリシーでした」
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b46f5591f5a6

●冷泉彰彦氏「どんなに甘く見積もってもトランプ政権の危機は2018年までに訪れます」
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b46f5592303e

●宮田恵氏「男性はセルフケアが苦手。老化に伴う症状で注意する点は頑固になること」
http://i.mag2.jp/r?aid=a5b46f55925b36

───────────────[PR]─
「うそっ、内臓脂肪が!?」
ライオン研究員の偶然の発見から
大ヒット!ポッコリが気になる方に!
通販限定・送料無料!
http://i.mag2.jp/r?aid=Ma0793
─[PR]───────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせ⇒ http://www.mag2.co.jp/contact/adinfo.html
☆メルマガ読者を増やす⇒http://www.mag2.com/sv/menu/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ: 転職 就職 相談



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ