ごあいさつ  自己紹介

このブログを書いています、にんべんといいます。

このブログでは映画の感想、カメラのこと、仕事(福祉関係)のこと、果ては育児やグルメまで一貫性が無く色々なことを書いています。

ちなみに福岡市在住ですので、ローカルネタも多数です。
何か感じたり、思ったりしたら、ご自由にコメント下さい。

ではでは…
0

2010/8/1

ブログ変えます  

ブログ変えます
新ブログ
1

2010/3/16

社会福祉士  福祉関係

ようやく合格しました。
自己採点83点。ボーダー84点。
不適切問題に助けられたかな…

これで、社会福祉士、介護福祉士、保育士の3資格取得者です。
1

2009/11/3

ぴあフィルムフェスティバルin福岡  映画

自主映画のコンペ、ぴあフィルムフェスティバル。毎年、福岡でも開催される。3年ぶりくらいに少しだが観に行った。
観たのはスカラシップ作品「川の底からこんにちは」とコンペ作品「VISTA」と「chain」。
「川の底からこんにちは」は、大学の一つ先輩で、現場にも参加したことのある沖村志宏さんが撮影なのと、監督が注目の石井裕也なので…、「chain」は大阪芸大の卒業制作なので、今の卒業制作って、どのくらいのレベルなんだろう…という関心で観に行った(ちなみに「VISTA」は「chain」の併映)。

「川の底からこんにちは」
面白かったです。「中の下」という庶民感覚を面白く描いた作品で、監督が25歳とは思えないくらい、上手くまとめています。
主演の満島ひかりはもちろん、遠藤雅や子役の女の子もイイ味出しています。沖村さんの撮影は、良くも悪くもオーソドックス。室内シーンでもしっかり照明点いて、しっかり絞りを絞って、スーパー16っぽくない画に仕上げています。

「VISTA」
東京芸大の大学院の卒業生の作品らしい。脚本は面白いと思った。ちょっとしたトリックというか、サスペンスぽくって、面白かったが、肝心のラストが分かりづらかった。
役者が…素人なんだよな…。かなり、学生映画って感じで観てしまった。演技の勉強している人とか使えば、まだ良かったように思う。そこが、かなり残念。

「chain」

よく出来ていたと思う。監督の言いたいことを一貫して描いていたと思う。脚本の構成も、色々なキャラクターの関係を上手く見せていると思う。しかし、苦言を言えば、最後は逃げたかな…?もっと、他のラストの見せ方があったと思う。技術的には中の上くらい。洗練はされてないけど、作品世界を見せるには及第点といった感じ。もう少し上手に撮れると良かったかな?

コンペ作品は2作とも現在と過去を行き来するような描き方で、もう少し違うテイストの作品を同時上映してくれたら…と思った。

それにしても、福岡の会場である「シネラ」って、ホールとしては、凄くいいのに、お客さんが少ないのがホントに残念。来年はもう少し多く観に来てくれることを願う。
0

2009/10/12

シネテリエ天神  映画

福岡市の老舗ミニシアター、シネテリエ天神。
なかなか上映されなかったインディペント系の上映や韓流映画特集をするなど頑張ってきたが、立地(親冨考通り)の衰退や不況には勝てなかったのか、とうとう10月12日で閉館することになった。
で、行って来た。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、最後に観たのがコレって…
クリックすると元のサイズで表示します
まさか、友松さんの作品を最後に観るとは思わなかった。
あ、映画は面白かったですよ。自主映画の頃のノリをプロフェッショナルな技術でやっている感じで笑えました。スプラッターなのに…。
明日が最後の日です。間に合う人がいれば、ぜひ!

ちなみに少し休館したのち、ピンク映画館「天神シネマ」として再開するそうです。これはこれで妙に嬉しいけど。
ちなみに杮落とし作品も友松さんの監督作品です。
0

2009/9/13

田中美絵子効果?  日々の戯言

最近、アクセス数が多いなぁ…と思っていたら、「盲獣VS一寸法師」にヒットしてんだね。残念ながら、お目当てのような画像は無いけれど…。感想も、映画の内容というより、プロセスに触れた物だし…

期待してアクセスした人、ごめんなさい。
0

2009/8/8

のりピー  日々の戯言

とうとう逮捕。
たしかに亡き父親はヤの付く自由業の人であることは、地元では周知の事実であったし(ちなみに世界的に有名な某柔道家の家庭もそうである)、弟も先月にシャブで捕まっていたようだ。
…おそらく、弟が捕まった時点で、のりピー一家への疑いを警察はもっていたのではないかな?それで、旦那が先に捕まったのではないか?…

何はともあれ、犯罪は犯罪である。ばれなきゃいいやと思っていたのかな?個人的な見解であるが、旦那と付き合いだした頃から常習化していたのでは…?これだけ社会を騒がせたのだから、出頭してきたとはいえ、執行猶予付きの実刑を受けるのではないだろうか?事務所が解雇しなかったら、サンミュージックは甘すぎるな…。

たとえ、(可能性は低いけど)刑務所から出てきたとしても、芸能界は再度彼女を受け入れてしまうのだろうか?ここが一番引っかかる。普通、一般企業などに勤める人が、もし同じ犯罪を犯せば、解雇され、社会復帰への道は困難なものとなるだろう。しかし芸能界は、これまでも様々麻薬に染まった者の復帰を容認してきた。本当に更生が必要なのであれば、業界で規定を作るなどして、何処の事務所も受け入れず、個人でアポイントをとり、刑務所の慰問や福祉施設のボランティアなど、自分の芸を活かした社会奉仕を5年くらいは続けるべきであろう。ただ自宅謹慎をするといった逃避的なことでなく、きちんと社会に貢献したい、という事を形に出してから芸能界に戻ってきて欲しいと思う。

それにしても、芸能界の麻薬汚染をこれを機会に、しっかり膿出しして欲しいと思う。
1

2009/7/26

なんで!?  日々の戯言

アクセス数49って…
アサチュウとチャラのこともあえて略称で書いて、ヒットしにくくしていたのに…!?
0

2009/7/25

あぁ〜  日々の戯言

アサチュウとチャラが離婚してもうた!!
やっぱり忙しすぎたのかなぁ…
0

2009/7/25

休暇  日々の戯言

現在、1ヶ月ほどの休暇を職場からもらっている。いわゆるリフレッシュ休暇というやつだ。
しかし、最初の1週間は、タイミングよく(?)息子がおたふくかぜになり、子守をするなどして過ごしていた。

せっかくの休暇なので、旧友に会いに東京や大阪に行ってみようと思っている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ