2011/10/10

25歳以上にありがちな落とし穴 ?!◆ニキビ用化粧品は10代まで?◆  敏感肌のための、本当に正しいニキビケア、矢吹 心、悩み、改善、治し方




⇒「敏感肌のための、本当に正しいニキビケア」 詳細はこちら!




あなたが25歳を過ぎているなら、

ニキビ用化粧品でニキビを治すのは、難しいそうです。


あなたが10代なら、ニキビ用化粧品は有効だそうで、

少しニキビ用化粧品を使うだけで、

ニキビのないキレイな肌に戻ります。


しかし、あなたが25歳を過ぎているなら、

ニキビ用化粧品でニキビと縁を切ることは難しいです。


それは、あなたの肌が、

「ニキビのできやすい肌」になっている可能性が高いからです。


これがいわゆる、『思春期ニキビ』と『大人ニキビ』の

違いなんだそうですよ。


ニキビは、皮脂が毛穴につまることで起こります。

10代のころは、ホルモン活動が活発になるため、

皮脂がたくさん分泌されます。

その皮脂が毛穴につまって、ニキビになります。

でも、この年代(10代)の肌には、

水分がたっぷり保たれているため、肌自体は健康です。


しかし、大人になってからの肌は状況が違います。

年齢を重ねるごとに、肌は水分を失います。

すると、肌は硬くなり、ごわつきます。

また、乾燥によって肌の生まれ変わりのリズムが乱れ

要らなくなった角質がどんどん肌の上に溜まっていきます。


その一方で、大人になると、ホルモン活動以外にも、

皮脂のでる理由が増えていきます。


肌の乾燥、ストレス、食生活、

間違ったスキンケア、生活環境などなど。


肌が乾燥して硬くなっていると、このように分泌された皮脂が

外に出きらず、毛穴につまってしまいます。


古い角質が毛穴をふさいでいることもあります。

その結果、ニキビが生まれるのです。


同じニキビでも、思春期ニキビと大人ニキビは、

肌状態が異なるのです。


そのため、同じニキビ用化粧品を使用しても、

「毛穴がつまりやすい肌」になっている大人の場合は、

ニキビが繰り返し発生してしまいます。


「学生の頃から何年もニキビに悩んでいる」という人は、

こうした肌の変化に気づかないまま、

思春期ニキビと同じニキビケアを続けていることが多いです。

「じゃあ、いままでのニキビケアは間違いだったのか」と、

がっかりすることはありません。


これから、現在のあなたの肌にあったニキビケアを始めればいいのです。


それは、「毛穴のつまりにくい肌」をつくるケアです。


「毛穴がつまりにくい肌」とは、健康なやわらかい肌です。

たっぷりの水分をふくみ、柔軟性のある肌なら、

皮脂がでても、毛穴につまることはありません。


◆「本当に正しいニキビケア」でニキビのできない

プリプリお肌をつくる方法を知ることができますよ!


⇒「敏感肌のための、本当に正しいニキビケア」 詳細はこちら!




ニキビ改善法を紹介する、おすすめサイトです!

◆ニキビの原因、ニキビの治し方を公開してますよ!◆
28daysニキビ改善プログラム、簡単にニキビを治す方法、効果が口コミで評判、悩み



自宅で簡単にできる浅野式ニキビ治療法、悩み、改善、原因、予防、対策


★乾燥がひどくなるこれからの季節に「贅沢な保湿力」★
背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain】ウェディングドレス、ニキビ痕、シミの悩み解消、効果



0
タグ: 悩み 改善 治し方



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ