TU de JF2IWL Test!

コンテスト備忘録、そのほかラジオのこと
TNX for QSO es CU in the next Contest.

 


*このブログはver.2.0にシフト、こちらに移行しました。⇒ TU JF2IWL Test ! ( ver.2.0 )
Articles are written in Japanese, see my profile on my page.73 JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

JF2IWL Log search Are you in my log? WebCam,Temp & Humid of my town ...Click!


HF Doppler investigation by
HLL Seoul Meteorological Radio


JF2IWL IBP
Beacon reception report

* Past Log ( Blogger )
Wind Beneath My Wings
in JA (View Prop of JA)

【日刊 BF ニュース】
Be Forward!!を合言葉に、海外発のキレるニュースをお届けしています。
こちらからどうぞ。
Tweets #SolarWeather
 





日刊BFニュース

コメント

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dai
もう私なんか居ながらにして留守状態ですので。

ほんとに楽になったなー、と思います。
投稿者:Hisa
はい、カマキリのように喰われる前に従うのが無難だと思います。

拙宅は犬を庭に放し飼いにしていた関係で農薬を撒かない時期が続きましたが、この季節になると産卵しようとする虫たちが集まってくるのです。
投稿者:dai
寒さもながら雪がNGなんですね。

よく、国際結婚では嫁に合わせよ、と言われますが、そのとおりで、男は文句いわない(言えない)ですから嫁はんのほうに行けば良いと思います。
投稿者:Hisa
高低差が影響ありますか!

確かに、漬け物の味とかが微妙に違うかも知れませんし、朝夕の冷え込みは違いがあるでしょうね。
投稿者:dai
でしたか。

こっちではセカンドライフ、お嫁さんの出身地と標高500mの差があるとNGと言われています。還ってこれないひと多数です。
投稿者:Hisa
だから、セカンドライフを田舎に行って成功してる人は、本人か配偶者の出身地なんですよ。

実は私は、そんな地に固定局を1局開設してあるんです。w
投稿者:dai
先住権があると楽はらくですね。

馴染もうとして町内のこと、いっしょうけんめいやってくれるし、こっちはパンツ一丁でそのへん堂々と歩いてても平気ですし。
投稿者:Hisa
大橋巨泉のVK隠居....、でもケツ割って帰国....みたいな話すね。

富裕層が本拠を行ったり来たりしているみたいですが、映画シャレードの結末を見たら結論が解るかも知れませんネ。
投稿者:dai
若い人の田舎暮らしIターン(?)ってのは、使えるから利用しますけど、お年寄りが別世界は無理だと思います。

9M2やV6に第2の故郷作ってるひともいますが、帰れるところがあるから行けてるわけで。
投稿者:Hisa
日本の田舎でも、まだまだ驚くような因習・伝統が残っているものですよね。

セカンドライフを田舎暮らしで....と考えても、地縁血縁が無ければグァンタナモ基地のように人工管理されたエリアでなければ難しいようです。
1|23

Popular Articles



My QSL Policy

I'm not a QSL card buro member.
You can get it in these
three ways.
LoTW

eQSL

HRD Log.net
iQSL

..or if you need an actual one,Pse see my QRZ.
com page
. Thank you.

Misc


World Clock


Sun Light Map

Sun and Moon Rise/Set
time in central Japan
Click for Takayama, Japan Forecast

Solar Activity

Moon Phase
CURRENT MOON

Quotes

Visitor Locations
free counters

外国為替証拠金取引

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ