呉越同舟  

呉越同舟(ごえつ-どうしゅう)


この舟に乗って早、2週間を過ぎた。

舟には今から紹介する妖怪2体と、
私を含めた 罪深き民4人のあわせて
員数6が同舟している。


クリックすると元のサイズで表示します


妖怪・カンロ飴じい

御歳80前くらいか? 右腕を包帯で吊っている。

容姿は砂かけじじぃみたいにキモカワイイ・・。
この妖怪、「カンロ飴」を主食として
一日中ぺちゃぺちゃ舐めている。

昼間は歩きながら、夜も寝ながら舐めている。
深夜2時でもぺちゃぺちゃ音を出すので・・・

民を睡眠不足へと追いやる!

この前、

お便所に入ったら黄色のちっちゃい飴玉が落ちていた。
妖怪・カンロ飴じいの排泄も、やっぱり飴玉であった!


クリックすると元のサイズで表示します


妖怪・お通じせんべ

この舟では、”大”のことを 「お通じ」 と呼ぶ。

早朝、コーヒーの香りを一人楽しんでいたら、
突然この妖怪は乙姫さんを呼びつけ、
その場でお通じを始めた!!

その日のお昼にも、またやってしまった・・・

どうやらこの妖怪、足を故障しているらしく、
隠れ家から出られないようだ。

姿を見てはないが、
乙姫さんとの問答で年齢63歳と判明。

したがって
姿は見えないのだが、その強烈なお通じ臭で・・・

罪深き民を食欲不振へと追いやる!

しかも、この妖怪の主食は 「せんべい」 で、

一日中 ”パリ、バリ、パリ、パリ・・・” と
甲高い音を立ててむさぼる。
残念ながら せんべい の詳細は不明。

夜中も食べ続け、妖気と臭気をため込んでいるようで、
前出の カンロ飴じぃ と夜な夜な大合唱を繰り広げ、

罪深き民を苦しめている。

なお、夜中せんべいを食べていない時は
超地響きをたてて爆睡しているので、手に負えない。



妖怪コラボによる、夜の大音楽会・・・

やっと迎えた朝のひと時、そして昼食時を狙った、
妖怪たちの昼夜を問わぬ妖術・・・


クリックすると元のサイズで表示します


この苦しみに耐え、
悟りを開いたとき、
彼の岸にたどり着くのか?


あーめんHIRO






0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ