ペットボトルの水

歯科界を巻き込む市場原理と規制の渦
歯科時局小説「ペットボトルの水」番外編

 
ノーベル化学賞に輝くブリゴジン曰く「体系を成す成分は隣の分子くらいしか見てないから、変わりようがない。ところがそこに異質分子が入ったときには、分子が飛んでとんでもないところの分子と付いて、ハレーションが起きたり化学反応が起こり、その体系はぶつかった大きな分子によって、新しい文法により支配される」 *小説「ペットボトルの水」は平成16年に千葉県歯科医師会デンタルリポート誌に連載されていたものです。 「北京のチョウチョ」となってゆらぎを起こしたい・・・・・千葉県 ikepon

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ペットボトルの水

AMAZON

紹介本

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/82 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ