2018/5/1 | 投稿者: discovery

原型が完成しました。
高さ155mm、パーツ数15点。
昨年9月末からスタートし2月の冬ワンフェス展示を経て、プロダクトの中継地点にたどり着くことができました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

この後は、ジャンボ関連はお休みして次回作をスタートします。
型作りは夏頃から始めます。
7

2018/4/10 | 投稿者: discovery

クリックすると元のサイズで表示します

ダボ作りはいつもの木工用エポキシパテ。硬化時間や雄ダボ雌ダボの離型剤代わりにメンソレータムを使ってます。
あまり時間をかけたくない作業ですが、キットとしての組み立てやすさとしては大切だと思うので、大きなパーツや角度・構図が必要な箇所にはつけておきます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ジャンボの装飾品。方眼紙やIllustratorで制作した型紙を使って造形していきます。

今回のキーワードの「裁縫」、「ファニー」をどう取り入れるか。
当初は背中にチャックを付けてぬいぐるみ仕立てにしようと思っていました。しかしいざ背中にチャックを付けてみると、全体が説明的になってしまい写真も撮らずボツ。今回は適さなかったようです。

やってみると「?」に思うことも多く、そこからは何を残すかあるいは変更するか、時にはオミットする・・・という引き算の作業です。
家にある裁縫箱を開けてみるとそこにあったのは、フェルトのフラワークラフト。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

さっそく必要サイズの型紙を作ってスカルピーにあててカット。ワンポイント程度でも可愛らしさがアップしました。

クリックすると元のサイズで表示します

装飾品とダボ作りが続きます。全パーツは13〜15点になると思います。



4

2018/3/29 | 投稿者: discovery

各パーツのディティールアップの段階へ。
まずは玉。スジ彫りにマスキングテープでガイドラインを作ってスパチュラと彫刻刀で彫っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

スチールボールを使ってリベットの打ち込み。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

玉なのか弾なのか、硬いのか軟らかいのか・・・手にしたモデラー自身が考えて塗装したほうが楽しめるんじゃないかと思い、今回は原型ではっきりと設定しないカタチを目指しました。

クリックすると元のサイズで表示します


実は全パーツレジン製のキットを裏目標しています。。
そのため導火線パーツ用のメッシュワイヤーや凧糸は付属させず、パーツをこの後、工作します。近作でハイブリットや付録の冊子付きが続いたので、今回はレジンの塊だけが箱にゴロゴロ詰まってる感じです。

台座の代わりになるステージのディティールは、例えば蛇腹塗装が活きるよう作り込まずあっさり目に。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャンボ本体もパーツ分割しました。まずはダボ作りから始めます。
4

2018/3/14 | 投稿者: discovery

ワンフェスで展示していたジャンボ。
モデラーさんや作家さん達からもアドバイスをもらい一つの課題でもある台座を進めています。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

「ジャンボの重量で変形した舞台」をペーパークラフトで作ってサイズを探る。ちょうどワンフェス準備で手持ちのレジンが切れてパテと石膏で固め。ボールと舞台のダボも作ったものの「はて、これでいいのか?」と。

ジャンボ本体・ボール・台座。この3つのサイズバランスをもう一度見直して舞台サイズを縮小。
今度の工作は0.5mm厚プラ板20枚の積層。

クリックすると元のサイズで表示します

「太さ0.17ptのトンボの芯を断て」のごとく展開図の罫線を20枚切る・・・(昔勤めていたデザイン事務所先輩の言葉)

クリックすると元のサイズで表示します

貼り付けて、、

クリックすると元のサイズで表示します

パテで慣らす。世の中の流れに逆行していくような人力工作(汗)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

重みで沈む舞台を造形するには小さいキャンバスですが、全体のシルエットが逆三角形のようにすっきり。
ちなみに変更後の舞台のサイズは塗料皿を参考にしています。

本体・ボール・台座。3つのサイズバランスが定まりました。




5

2018/2/21 | 投稿者: discovery

ワンダーフェスティバル2018冬、DISCOVERY卓は無事終了。。
ご来場・キットのお買い上げ、差し入れありがとうございました!!ディーラーで参加された皆さんもおつかれさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します

通販在庫のため極少数だった再販品は早々に完売し、新作「P」も終日かけて完売できました。前述の通り、「Full Moon Tripper」は絶版となります。
「玉乗りジャンボ」の評判も良く、制作の励みになりました。特に技術的な面で相談できたことはこれからの作業で役立つこと間違いなし。夏までには原型完成を目指します!

今回、海外のお客さんから、「この価格は完成品の値段ですか?色は塗ってないのですか?」という質問を数件受けました(僕は低レベルの英単語でやり取り)。
キャプションには「撮影自由」と「作品には手を触れないで」を英語でも設置していますが「未塗装・未組立キット」であることも英語表記が必要なのかな、、、と感じました。
ガイドブックでもガレージキットの初歩的問題の再考が掲載されていたことも重なり、キャプション表記という細かい点ではありますが、海外からのお客さんも増えてきている印象もあるので今後に活かしたいと思います。

お土産はこちら。
腐乱犬さんのベアシュタイン・マークU>>>
ひなたかほりさんのMORRIS>>>
アンドロイドハンターのDさん

クリックすると元のサイズで表示します

SNS上で各ディーラーから出てくる商品紹介に物欲が膨れ上がる中、しぼりに絞った3品でした。
どれも大切にしたいと思います!!!

多くのディーラーやお客さん達とお話しできて楽しく充実した一日でした。
夏はお休みです。

また会いましょう。
3




AutoPage最新お知らせ