ロンリー・ウーマン

表ページは俳句鑑賞
裏ページは俳句からイメージするsceneを妄想していきます
果たしてsceneは繋がるのか?

念力の充ちゆく烏瓜の花  柴田千晶


 

自由項目1

生家へ』柴田千晶 思潮社刊

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:
>masaさん、おはようございます。
楸邨はやはり凄い人ですね。こんなふうに理解されて寺田京子は幸せだったろうな。
さっそくお読みいただきありがとうございます。
投稿者:masa
寺田京子、私の最も衝撃を受けた俳人。
「未婚一生」の句の、どこにも救いを見ることはできません。一句の立ち姿が、それを拒絶する。
それにしても、楸邨の『冬の匙』の跋文、さすが
。晶さんの、今と関連付ける手法、さすが。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ