魔羅から涙

どうだろうか??

 

近  影

元同僚N氏作の似顔絵。

はる

2007.1.1 別府のはるちゃん。

2007.8.14 別府のはるちゃん。

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:bonpata
家づくりの先達(せんだち)、いつも的確なご示唆あ
りがとうございます。川崎H邸の建坪は17ですか。柿
食えばハウスが18ですから多分似たようなスケールで
基礎が組まれていますね。不思議なことに、私の場
合、狭く感じる部分と、意外とここ広いな……という
部分とまだらなスケール感があって面白かったです。
既に立ち上がりが組まれていて、空間認識に分節を与
える彩目(テクスチャー)が生まれて、さらに複雑な
錯視を生んでいるからでしょうかね。面白いです。最
初古家が建っていた場所なので、そのときのスケール
感と、こぼち工事をしてもらって更地になったときの
スケール感と、初期の図面からイメージをつかむため
に建築家にロープを張ってもらったときの感じと……
そして今の枠型の風景と、それぞれのシーンで少しづ
つスケールが伸縮する。これからもどんどんその印象
が変わっていくでしょうね。とっても楽しみです。

このブログの場合、アレヤコレやがごった煮の雑纂型
ブログですので、とびとびにはなるとは思いますが、
拙いレポートをして参ります。先達のご意見ご感想を
いただければ幸いです。川崎H邸竣工後の【住みなしレ
ポート】、この段階に至っている私からすると、あれ
が今一番ホットかも。プロセスにそって、プレゼンス
は推移するものですね。
投稿者:川崎H邸主人
立場入れ替わり、今後は御宅の家づくりを拝見する立場となりました。

今後の経過報告、ぜひぜひ楽しみにしております。

さて基礎のみ見ると、平面のみの空間認識の錯覚なのでしょうか、思ってたより「狭く」感じます(感じましたね?)。

ご安心を。とっても狭く感じない限り、上棟して立体的に空間が見えてくると、逆に「広い!」と感じることになります。

ちなみにウチの基礎配筋工事はこんな感じ。
http://yaplog.jp/rahaha/archive/43

建坪17坪。それでもこれ見て当時は、「ちょっと狭いかな?」と思い、ヤバク感じましたが立ち上げってくれば全く問題なく、十分な広さとなりました。

http://yaplog.jp/rahaha/

柿喰らふ家

2006.7 竣工

ルナ

Car Life 87-96

○'82 DAIHATU Charade1000 Diesel Turbo 1987-1988.1.5

○'85 TOYOTA Starlet1300Ri(EP71) 1988-1991

○'91 DAIHATU Charade1300 1991-1996

Car Life 96-

○'96 VW POLO 1600 4AT 1996-2001

○'89 Golf GTI-16V 1800 5MT 2000-2004

○'01 Polo GTI 1600 5MT 2001-2007.9.25

○RENAULT Kangoo 1600 5MT  2007.9.25-

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ