がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2018年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:浮き草
ゆうちゃまんさん

ゆうちゃまんさんには大野事件の医者は悪人であるという思いこみがあるのでしょう。そして、日本の医師達は一致団結して悪人をかばい、診療を放棄するぞと国民を脅す程に凶悪だと考えているのでしょう。このような先入観は多く(マスコミの執拗な刷り込みのせいでしょうが)それゆえに私たち医師の声はなかなか一般の方に届きません。

普段は大同団結することのない医師達がこぞって大野事件の被告を支持しているのはひょっとして大野事件の医師に問題や責任はないのではないか、と仮定でも良いからそう考えてみることはできないでしょうか?

真面目に働いているある日に突然逮捕され犯罪者にされたらどうしようと切実にリアルに医師は怯えているのです。ローンの残っている家やマンションは手放さないといけないでしょう。息子が通っている私立校は退学せざるを得ないでしょう。子供の長年の努力は水の泡です。場合によっては子供は学校でイジめられるでしょう。社会との関係は破壊され家族も崩壊離散するかもしれません。悪事に手を染めたからというのではなく、自らの命を削って患者さんの為に真摯に使命をまっとうした結果こうなってしまう、というところで大野事件に日本の医師達がショックを受けたのです。
投稿者:hirakata
町医者(って差別用語らしいですね)さま、こんにちは。

産科に限らず「最後の砦として、あってもらわなければ困る」ところがどんどん崩れていっているのが、日本型医療崩壊の最も困ったところだと感じています。普通に生活していればまず困る事態には遭遇しないけれど、「いざというとき」「万が一の時」に必要な医療から崩れていっている。最近は次第に「ちょっと困った」時に頼りにしたいところも、崩れていっています。本来は最後の砦としての機能を十分に持たない医療機関にお鉢が回ってきて、意気を見せて受け止めて結果が悪かったら逮捕。それがおかしいと言っても「でも頼りにしています。頑張って下さい」と言われてしまう。このブログでも何回も書いていますが、基本的にはどうしようもないんじゃないかと思います。どこを残してどこはなくても仕方がないとするかを、日本のみんなで考えていくしかないのではないかと。
投稿者:町医者
連続投稿、すみません。
お国のためなどと言われても、「青くなってしりごみなさい 逃げなさい 隠れなさい」

教訓
http://folkjamboree.hida-ch.com/e55083.html
投稿者:町医者
私は開業医です。
ですから、難しい症例を取ってくれる勤務医ががんばっていてくれないと困るんです。本当に困る。

私も、勤務医がモンスターたちにぼろぼろにされて辞めていく姿を何度も見ている。そして、残った病院は崩壊状態です。それも内科や外科のような科でさえです。

彼らに、さらにがんばれとはとても言えない。特に、私のようにすでに逃げた者が。
さらにがんばれなどと言うのは、ガダルカナルとかで周りを敵に囲まれ、兵器も食糧も無い状態で万歳突撃しろと言うようなものです。
これほど無責任、かつ卑怯なことはない。

そこに、おまえたちにはお国へのご恩があるだろうとぬかす者がいる。
私は憤りを覚える。
投稿者:hirakata
ゆうちゃまんさま、町医者さま、こんにちは。

お二人のご意見の間にある大きな溝こそが問題です。私もこのブログでそのような溝が少しでも埋まるようにと考えたりはしていますが…。

今回のような出来事に対して「刑事事件化して勝ち負けを決める」ことでは、溝は深くなりこそすれ埋まることはないのではないかと、個人的には思います。

ゆうちゃまんさま。
厳しい現場で頑張っている医師は、本当に追い詰められています。追い詰めたのが一般市民の方だとは言いませんが、褒めて持ち上げていただいても、持ち上げられたからもうちょっと頑張ろうと思う余裕のない状態だということを、ご理解いただければ幸いです。プロとしての最大限の力を発揮しても、認められるどころではなく、逆に逮捕されて犯罪者にされる。それでも「頑張れ」というのは、「医師はどんなに過酷な状況でも命を助けてくれる」と同様、医師を人間を越えた絶対的な存在としてしか認めないという脅迫に聞こえてしまうのです。残念ながら医師は人間です。
投稿者:町医者
産科医療を守れと言っているその口で、その手で、産科医に手錠をかけ、腰縄でしばり、袋だたきしているわけだ。
先の大戦で、前線の兵士達に、兵器ばかりでなく食糧さえ送らず、ただただ戦え、死ぬまで戦えと言っていた者達の卑怯さと同じに見えてくる。
投稿者:ゆうちゃまん
医療の素人の私が差し出がましい投稿をしましたことをまずもってお詫び申し上げます。ただし、これだけはご理解ください。医師の皆さん、この事件の結末がどうなろうと、ご自分が国民から選ばれたこの国の未来を左右するほどの人材であり、医師となるまでに多額の国民の血税が使われていることを十分ご認識ください。産科医療が危機に直面していることを憂いてください。そして、とことん腕を磨いてください。逃げましょう・・・そんな呼びかけはしないでください。産科医療を守ってください。それができるのはあなた方、選ばれた有資格者だけなのだから。
投稿者:町医者
「全国の産科医師は、決してこの事件の真相をうやむやにして終わらせ」てはならない。

ゆうちゃまんさんのような人が多いのだという「真相」を。
医師が精一杯の努力をしても人は死ぬのだということを認めず、人の死を医師のせいにする人が多いのだという「真相」、そして医師に土下座させ、罵倒する「遺族」がいかに多いのか、そしてそういう「遺族」を前に押し出して担当医をよってたかって罵倒するマスコミや一般人。
そういう「真相」を「全国の産科医師」は知るべきです。

ウン十年前に逃散してしまった者が、まだ現場で奮闘している医師たちに、さらにがんばれとは、とても言えるような状況ではない。
言えるのは、ご苦労さんでした、とだけ。

もう十分やったのだ。
逃げましょう。
投稿者:hirakata
(ゆうちゃまんさまへの返信つづき)
 このような、お互いが理解し合うのが大変難しい問題を、刑事裁判という「よくわからない人を前面に立てた代理戦争」の形で理解し合うことは、まず無理だろうと思います。その意味でも、今回の裁判で有罪となったら「ご遺族の勝ち」「医者の負け」、無罪となったら「医者の勝ち」「ご遺族の負け」という形になっても、実際の勝者はいないのではないかと思うのです。この刑事裁判は無意味です。医事紛争を解決する手段としては、最も間違ったことをしているのではないかと思うのです。

 全国の産科医師の中に、この事件の真相を「うやむやに」しようと画策している人はいないんじゃないかと思います。むしろ真相がすべて明るみに出て、御家族への対応などでは不十分な点があったことが明らかになっても、医師としてその場でできるだけのことはやったのだと証明されることを願っているのではないかと思います。刑事裁判でそれが明らかになるとは期待できないので、周囲で色々なことをおこなっているのです。対決モードになっている医師もいるとは思いますが、私が知る範囲ではご遺族を中傷しようとか、事件をうやむやにすることを目的に活動している医師はいないと思います。

 最後に、揚げ足を取るようで気分を悪くされるかもしれませんが、「癌が転移して余命幾ばくもない患者を担当して最善を尽くして死亡させたような」という言い回しが、私には気になりました。私は緩和ケアを仕事としているので、癌が転移して余命幾ばくもない患者さんに最善を尽くしますが、「死亡させた」ことはありません。「死亡させた」というのをどのような状況を想定して書かれているのかわかりませんが、最善を尽くしたから死亡したという事態は、少なくとも私のかかわる緩和ケアの範囲内では起きていません。そのような事例が一般的であるならそれも問題だと思います。具体例をお教えいただければ幸いです。
投稿者:hirakata
ゆうちゃまんさま、こんにちは。コメントありがとうございます。

 言われることはよくわかります。私も最初は「医療側に手落ちがあったから、産婦さんの命が失われたのかな?」と思いました。実際にそうであったなら、医師もここまで騒がないと思います。しかし、ことの詳細が明らかになってくるにつれて、どうもそうではないようだという状況証拠ばかりが出てくるようになりました。

 前置胎盤だということは、事前にわかっていました。前回も帝王切開だったので、前回子宮を縫った部位に胎盤がかかっていると癒着の可能性が高くなるということもわかっており、そのためおなかを開けてから、子宮に直接エコーのプローベを当てて、胎盤の位置と状態を確認しています。癒着があったのはその部位ではなく後壁側だったようです。これを手術前または手術中に予測するのは不可能だといわれています。

 出血が相当量になるかもしれないというのは、帝王切開ではいつでも起こりうることであり、この時にも1000mlの輸血が準備されていたそうです。術式に関しては、癒着していた部分の面積が小さかったので癒着胎盤を除去したあと圧迫止血を試み、それでも止血が得られなかったので速やかに子宮全摘がおこなわれています。それも、血圧低下に対して輸血をおこない、輸血によって血圧が安定してから子宮全摘をおこない、子宮全摘は速やかに完遂されています。詳しい時間経過は今はわかりませんが、これ以上の迅速な対応は難しいだろうと思える短時間のうちに、これらのことが終えられていました。「出血多量により死亡させた」ということになっていますが、実際の死亡原因が出血多量であったのかどうか、今となっては調べようがありません。

 これらの医療側の証拠が、すべてでっち上げであったなら、医療側に全面的に非があります。しかしさまざまな方の意見と、漏れ聞こえてくる情報を聞く限りでは、これらのことはすべて事実であろうと感じます。事実であるなら、大野病院でなくてもっと設備と人員と輸血の準備が整った病院だったとしても、この産婦さんが助かったとは思えないのです。「その程度の能力がない、あるいは自信のない未熟な医師はメスを握ってほしくない」のであれば、すべての医師が退場せざるを得ません。それを「逃げ」だといわれると、医師にはいよいよ逃げ場がなくなります。
(つづく)
1|2|3
AutoPage最新お知らせ