がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
名無しさま、おはようございます。

私は自由学園に在学していた当時のことはかなり詳細に覚えていますが、
私にはそのようなことをした記憶がありません。書き込まれた内容は、私がそのようなことをしたという事実に基づくものでしょうか。勝手な推測で中傷されたのであれば、私はあなた以下のクズではないと思います。
投稿者:名無し
下級生寮長室に呼び出して胸ぐら掴んで恫喝してたんだな
人間のクズじゃん
投稿者:hirakata
浅野浩二さま、こんばんは。
(このブログでは「さま」で揃えることにしています)

なるほど。わかりました。同級生の朝川君が押し入れを占領していた部屋ですね。手がかりがあると、ずいぶんリアルに思い出すことができるものですね。びっくりしました。

私は最近、自由学園の卒業生を中心としたオーケストラのまとめ役に、どういうわけかなってしまいました。大変ですけど、なかなか面白いです。高等科で外に出ましたが、25年以上たってからの方が自由学園関係の人とつながることが多くなっています。
投稿者:浅野浩二
思い出しました。二回、寮で同じ部屋になりましたね。二回目は、平方先生が、五年の終わりの時で、浅川君と、小林しげき君、がいて、僕は、一応、室長で、僕のクラスでは、藤田がいて、平方先生が、講堂で、自発的に、「僕は、タバコを吸っていましたけれど、やめます」と、皆の前で、言いましたね。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~asanokouji/
投稿者:浅野浩二
こんにちは。平方眞先生は、私より一年下の学年ということになると思いますが、覚えていません。ブログでは、いまだに、自由学園について、批判的なことを書いています。感情的にではなく、理性的に考えて。ちなみに、「浅野浩二」は、ペンネームです。

http://blog.goo.ne.jp/daitou8/s/%BC%AB%CD%B3%B3%D8%B1%E0
投稿者:hirakata
おまるさま、おはようございます。

「学」の字は、位置が高かったこともあってそのまま「乗ったような形」でずっと張られてました。田中さんにはその他のことでも(他の看板のシルクスクリーン作りとか、臨時の電気の配線とか)大変お世話になりました。私が免許を取った後だったので、キャラバンも運転させてもらったりとか。

実際の看板の支柱は全くの建築資材のような立派なものだったし、生徒が中心になってやっていたように思うけど、そりゃあ田中さんをはじめとした大人の力がなければ、あんな風にはいかないですね。

こういう「生きるのに必要ないろいろなこと」を、少しは教えてもらうけど基本的には自分たちで組み立てていくことで身につけられるのが、自由学園の長所だと思います。学園で身についた「切り開いていく力」は、今も随所で役立っている気がします。
投稿者:おまる
そうそうレタリングの「学」の字は張り直さずにそのまま会期を終えたんだったよね。時期が11月で平方はすでに受験の事やその他でかなりたいへんだったよな。実際の作品の設置では、大先輩の田中さんにかなりお世話になりました。
ちょっと大げさな言い方かもしれないけど、あの時の一連の流れ→試行錯誤してデザインをまとめていくことから、作品の完成、設置(人を動かして段取りする)、トラブルがおきた際の処置まで、今の仕事にも通じることを幾つか学んだ気がします。
他の写真も見せてもらいます。
投稿者:hirakata
おまるさま、おはようございます。

10月30日は、人生の中でも特別な一日として、記憶に残ると思います。昼のホームカミングデイに出られなかった人にも感じが伝わればと思って、なるべくたくさん写真も撮って、この記事を書いてみました。

美術工芸展の看板、阿久田と何人かが作ったのは覚えていたんですが、確実に覚えていたのは阿久田だけだったので、会場にいた阿久田を指名してちょっと立ってもらったり。ひな形を作るのにも、ほとんど徹夜で何回も試行錯誤して、ヘロヘロになりながらやってたように覚えていますが、合ってる?少なくとも僕は(他のこともあってか)ヘロヘロだった記憶があります。

字は発泡スチロールのボードを切って張り付けたんだけど、初日に「学」の字の冠が落ちて、張り直した位置が最初の位置より下(子の部分に乗っかってるような形)になって、でももう一度張り直すのは難しかったので会期中ずっとそのままでした。別に変じゃなかったけど。

他の写真も、メーリングリストでお知らせしたところに100枚置いてあります。時間のある時に見て下さい。どうでもいい写真もいっぱいありますが。
投稿者:おまる
10月30日は楽しく思い出に残る1日でしたね。
当日の朝に用事があって、おまけに台風の影響もあって本鈴に間に合わず、北野と平方の話が聞けなかったのは残念です。
さて、ブログを見て読んでいて、美術展の看板作品のひな形が出てきたのには感動しました。
平方は忘れてしまったと思いますが、あれは阿久田と梅岡と私の合作です。
作品見本を何度も作り直しては、美術工芸室に通ったのと、当時は今みたいに超強力な両面テープがなくて、会期初日に平方のレタリングしたのが落下してあわてたのを懐かしく思い出しました。
またいつか、他の写真も見たいと思います。ありがとう。
投稿者:hirakata
michikoさま、おはようございます。

旧東天寮は残すんですね。解体工事の時によく見る特大ゴミ箱(そのままトラックの荷台になるやつ。正式名称は何て言うんだろう)が置いてあったりしたので、てっきり解体するものだと。でも建物って使ってないと傷むから、使えるように改修するのも大変なんじゃないかと思ったり。

同学会に入れてくれる話はだいぶ前から出ていて、今回クラスの人がたくさん集まるので、そこで決めようということになっていたようで。

ところで、東北でmichikoさんに会ったという方、親がmichikoさんの結婚式で証人をしたという方など、何人かからmichikoさんの話題が出てましたよ〜。他にも人と人とはあっちこっちでつながっているんだなと思った一日でした。
1|2
AutoPage最新お知らせ