ARISOの日記

 

自由項目

 ARISO というのは有磯または荒磯と書き、万葉集に出てきた私の出身地である富山県の海岸の昔の呼び名です。今は私は滋賀県に住んでいます。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ARISO
「李」という労働者などは、なぐられてから風管を耳に押しあてられた。風管とは、高圧の風を噴出させる工作用のパイプだ。しばらくすると、李さんの目・鼻・口などから血が噴き出した。意識を失ったまま、李さんは死んだ。これに類する行為が枚挙にいとまなく出てきます。警察は拷問などをして、次々に人を殺していくのです。
日本人はひどいことをしました。
投稿者:小島松雄
溶鉱炉で働いていた青年に熔鉄をぶっかけて死なせたことは殺人です。日本人職員の同僚または上司がその人を警察に突き出し、事情を話すべきです。その後どうなったでしょうか。

http://air.ap.teacup.com/applet/ariso/260/e5508f1c/trackback

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ