2015/1/11

DVDドライブが開かないので分解修理をしました  

●チーフ「肩が凝った者です

●チーフ「朝からゴロゴロすること無く珍しく起きておりますが・・・

●チーフ「このブログの更新が終わったら横になろうと思います

●チーフ「何事も無理は禁物です




●チーフ「そんな中、以前からメインパソコンのスーパーマルチドライブ(DVDドライブね)が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「イジェクトボタンを押しても『ゴフッ』と音が鳴るだけで開かないのだ

●チーフ「そう、DVDドライブが開かないのだ

●チーフ「数回連打していると開きますがね・・・直すことにしました



●チーフ「DVDドライブの底のネジを外します

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「底のフタが開きます

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「クリップを引き伸ばし、強制イジェクトホールへ突っ込みます

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「DVDトレイを引き出します

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「ベゼルを取り外します。取り外し方はドライブにより違うと思うので割愛しますが、よく見れば取り外せられると思います

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「ドライブの左右にある爪の部分にマイナスドライバーを押しこみ、フロントベゼルを外します

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「フロントベゼルもドライブによって若干外し方が違うと思うのでよく見て、よく推測して、外してみて下さい。」

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「すると、上のカバーが外れるようになると思います

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「中身が現れます

●チーフ「私はこの時点で、エアダスターを使い清掃と・・・

●チーフ「湿式のDVDレンズクリーナー液をメガネ拭きに付けてレンズもクリーニングしました

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「トレイを中途半端な位置にズラして、ゴムベルトが見える位置にします

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「ゴムベルトを外します

●チーフ「このゴムベルトが伸びてしまった為、開きにくくなることが多いようです

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「このゴムベルトを交換してあげれば直るんでしょうが、まず近くには売っておりません・・・

●チーフ「売ってたとしても伸びてしまっているので、本当のサイズが分かりにくいですし・・・

●チーフ「ネットで買おうと思えば買えますが、送料入れると500円以上掛かりそうです

●チーフ「500円だと中古でドライブが買えてしまいそうです




●チーフ「そこで100円ショップに売っている『ドライヤーで熱収縮する配線カバー6mm』を使います

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「配線カバーを小さい方の滑車?ローラー?プーリー?なんて呼ぶの?に被せてゴムベルトをピンピンにする作戦です

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「配線カバーを調度良い大きさに切ります

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「そして、小さい方の滑車?ローラー?プーリー?なんて呼ぶの?に被せます

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「『ドライヤーで・・・』と書いているがドライヤーだと上手く収縮しなかったのでチャッカマン(ライター)で一瞬炙ります

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「私の場合は配線カバーを2重にしました

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「ゴムベルトを取り付けます

クリックすると元のサイズで表示します

●チーフ「後はバラしたドライブを逆の手順で元に組み立てていきます





●チーフ「そして、動作チェックです

クリックすると元のサイズで表示します


●チーフ「結果は大成功

●チーフ「イジェクトボタンを押すと一発で

●チーフ「しかも、以前より勢い良くトレイが出てきました

●チーフ「クリーニングのお陰でしょう、DVDもすぐ読み込んでくれました

●チーフ「お金の無い無職の貧乏人な私にとっては、新品を購入した以上に感動です

●チーフ「ええ







『美のvitz!!メグマガ』はランキングに参加しております。
参考になりましたらクリック応援をお願いします。


にほんブログ村 車ブログ トヨタへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

フィードメーター - 美のvitz!!メグマガ   
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ