・イベント出展情報
・お取り扱い店舗情報
・ご意見板、メールフォーム
http://souvenir123.petit.cc/apple1/

・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2007/7/29

新しいお取引先ができました  販売店のご紹介


cache

カシェ、とお読みします。
スーベニールの初、名古屋でのお取り引き先で
カフェを併設した雑貨屋さんです。

2007年6月の名古屋クリエーターズマーケット出展の際
オーナーのお友達が偶然にもスーベニールにお越しくださり
ご紹介いただいたのと合わせて、このたび
お取り引きがスタートすることとなりました。
私自身も名古屋に行く前から気になっていたお店で
まさかのご縁だったのでドキドキしています。


こちらでは、種類豊富なシャンデリアガラスネックレスや
新色を含むドロップガラスネックレスを中心とした
シンプルで合わせやすい、キラキラのアクセサリをメインで
お取り扱いくださいます。

土日のカフェは24時までオープン。
ほっこりとした店内で本でも読みながら
遅くまでくつろげるのがとても落ち着きます。
次回のクリエーターズマーケットに出展が決定したら
また夜カフェに訪れるのが楽しみです。


cache
愛知県名古屋市港区寛政町4−26
052(655)0782
月曜定休日

http://www.cache-art.com/cache.html#



シャンデリアガラスネックレス
クリックすると元のサイズで表示します


ドロップガラスネックレス
クリックすると元のサイズで表示します

2007/7/28

夜風  日々のこと


なんでもないよな顔をして
一定の距離を保てるのは
精一杯の芝居だったり。


この大根役者が。


暗転にして
そのままどうにかしたいくらいの
矛盾と、葛藤と。


すべては、湿った夜風が悪いのだ。
きっとそうだ。





2007/7/27

「錬」でのお仕事  イベントのお話

大阪にある3軒のお取引先の納品日でした。
直前まで仕事を溜める相変わらずの性格によって
昨夜は睡眠時間2時間、荒れ放題の肌と
8割方寝ている脳と新作の入ったカバンを抱え
炎天下の大阪をはしごはしご。


そして
突然のお仕事。
以前から気になっていた
松屋町にある総合複合施設「錬」にて
急遽スポット出展ができることに。
ほんとうに急すぎてドキドキそわそわと。
情緒溢れる建物の一角をお借りして
制作を兼ねた販売をいたします。

平日なのでお客さんはあまり見込めないとのこと、
アトリエ気分でのんびりとやろうと思います。
樹脂素材の成形で一日が終わりそうな気がしますが
お近くの方、たまたまご都合のよろしい方
なんだかほっこりと過ごしたい方
次の月曜日は大阪、松屋町の「錬」にてお待ちしています。


7月30日(月)
チャレンジショップ「錬」スポット出展
11:00〜18:00
http://len21.com/index2.htm

クリックすると元のサイズで表示します

2007/7/25

納品ラッシュに向けて  ニューヨーク日記’07


まわって
クリックすると元のサイズで表示します


まわって
クリックすると元のサイズで表示します


くるっと
クリックすると元のサイズで表示します


ターン。
クリックすると元のサイズで表示します




さて、今日は絶好の制作日和♪

2007/7/24

悶々と。  日々のこと


10〜11月の出展ラッシュに向けて資料を制作しているのだが
ああもうアイデアというか文章がまとまらずやきもきと。
何がしたいのだろうー。

伝えたいことは山ほどあるのに
明らかにそれは傲慢な日本語の使い方で
しかも話が転がりすぎてそのうち自分でも訳分からなくなる。

プレゼンテーション能力が欲しい。。


クリックすると元のサイズで表示します

↑箱屋さん。
 簡潔明瞭分かりやすいショップアピール。

2007/7/23

アンティークマーケット写真  ニューヨーク日記’07

クリックすると元のサイズで表示します

↑保存容器のオンパレード。
 太陽光でガラスがいい具合にキラキラしていた。
 



クリックすると元のサイズで表示します

↑パトリシアさん。マーケットで出会ったオーナー。
 「パッツィーと呼んで」とイヤリングを振りながらおっしゃる
 とっても陽気なおばちゃま♪




クリックすると元のサイズで表示します

↑ピクニックセット。トランクケースもお洒落。
 こんなの持って出かけてみたい。




クリックすると元のサイズで表示します

↑古本を読み比べる青年と中年に混じり探索。
 古い帳簿を見つけて購入。何しようー。




クリックすると元のサイズで表示します

↑商談中。
 家具もステキなものが多かったけれど
 スペースと予算の関係で断念。。




クリックすると元のサイズで表示します

↑おや、こんなところに。。 
 風景にしっくりと溶け込んでいる、一台の消防車。




クリックすると元のサイズで表示します

↑全体的な治安は良くなったと言われているけれど、
 夜はボヤボヤと歩けないマーケット周辺。
 


2007/7/21

天気予報ホリデー  日々のこと

前回の知恩寺といい
今回の東寺といい
なんだか最近天気に振り回されっぱなし。

暑さ寒さもつらいけど
雨だけはどうにもならんのですね。

というわけで
降水確率70%には勝てず
今日は予定していた21日の東寺弘法市をお休みして
(いろいろご迷惑かけた方すみません。。)
四天王寺に行くことにしました。
結局今日は曇りっぽいし
家でもぞもぞ過ごすのもなんだかもったいないし。

こちら(四天王寺)も21日に市が開催されているのですが
いつも東寺とかぶるのでなかなか足を運べなかったのです。
偵察がてら、縁日を楽しんでこようと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

↑「とっておきの偵察スタイル♪」

2007/7/19

透明な夜  日々のこと

今回新しく出会った素材でつくるアクセサリ。

「ドロップガラスネックレス(星)」
鎖骨に沿う細いチェーン、服を選ばないシンプルなデザインです。
クリックすると元のサイズで表示します


「しずく猫のアクリルシャンデリア添えネックレス」
2種のアクリルパーツは取りはずすこともできる、
デザイン替え可能なネックレスです。



新しい作品を制作して
素材のカウント、
NY中の画像アップをしていたら
1日が終わってしまいました。

明日は弘法市に備えて京都泊。
過ごしやすい週末でありますように。


2007/7/14

シャンデリア裏話  ニューヨーク日記’07


荷物の整理をしながら
知恩寺(15日が雨天のため16日に開催)の準備と
携帯メールチェック(携帯の操作が久しぶりで返信がぎこちない)
納品準備(制作後、お持ちするのから送るのまでいろいろと)
休息(これがいちばん割合高かったり)

JFK空港で
「too too heavy!!!(死ぬほど重いわドアホ!!!)」と
さんざんどやされた重すぎる荷物
(23kgまでの重量制限のところを38kg)を持ちながら
よたよたと歩き回ったせいで全身が痛いのでございます。

持参荷物は
@預け入れ用(トランク)     38kg
A預け入れ用(リュック)     16kg
B機内持ち込み用(肩掛けカバン) 8kg

国際線では預け入れ荷物が23kg×2荷物までオッケーだったため
その場でダンボールを恵んでいただきなんとか
(23kg+2kg←オーバーは見逃してくれた)×2荷物にまとめ上げ
これ以上重くなると超過料金が出るよベイビーと言われ
余剰のシャンデリアガラス4kg分を手荷物に移し変える。

これで持参荷物が
@預け入れ用(トランク)      25kg
A預け入れ用(リュック込み段ボール) 25kg
B機内持ち込み用(肩掛けカバン)  12kg

そこまではよかったのだが(何が?)
この手荷物に入れた4kg分のシャンデリアガラスが
手荷物検査(X線)でこの上なく怪しく映ったらしく
このガラスの塊は一体全体何だねと空港職員に詰問され
シャンデリアのみならず私物のひとつひとつまで説明するはめになる。
「ほほう、これでジュエリーを作るのか。それはクールだねえ。」と
空港職員にやたらと爽やかに言われ丸く?収まったのはいいのだが
その間次々と私の目の前を通り過ぎた約100人の乗客は明らかに
「こいつ機内で何かやらかすんじゃないだろうか」という顔だった。。


それにしても、没収だけはされないで心からよかった。
1年分の、キラキラのシャンデリアガラス。

2007/7/11

さよならニューヨーク  ニューヨーク日記’07


蚤の市で店員と間違われたり

アンティークマーケットで店主はもとより
息子にまで顔を覚えられたり

突然道を訊かれたり

いろんな人種がちゃんぽんになっていたり

森のように大量の食事が出されたり

電車の中でいきなり布教されたり

通りがかる度に執拗な客引きでカバンを売りつける
国籍不明のおっさんを見かけたり

マクドでハンバーガーを投げてよこされたり

ウインカーと言うものを知らないタクシードライバーに
轢かれそうになったりするのにも慣れたころ、


いつも、帰国することになる。



最後の一日は、アメリカ自然史博物館
(ルームメイトの爽やか建築学生に、自分は今日出発だからと
タダ券をもらった)に行った後、
セントラルパークで昼寝をして過ごした。

芝生の上でボケーとして過ごす昼下がりは最高に私らしく、
夢見るほどに爆睡してしまった。

24日間。思い残すことはないはずなのに
何かを忘れているような、そんな落ち着かない空気がまとわりつく。

日本と比較することはもとより
アメリカの中でも特殊な地区といわれている、この
ニューヨーク、マンハッタン。
人生を楽しんでいるいろんな国の連中が作り上げた、
小さな世界。

その世界にそうっと溶け込むことは
疲れるくせに、なんだかいつも元気になる。
不思議な街だ。



抜けるような青空と
無愛想なマクドナルド店員が恋しくなったころ、
何事もなかったかのように
また、忍び込みたい。


クリックすると元のサイズで表示します

2007/7/7

シャンデリアガラス  ニューヨーク日記’07


初めて訪れるマーケットで
とても素敵なシャンデリアガラスを発見。
今まで見たことのない色や形。
数時間を1店舗に費やした後、

大きなオーダーを入れる。


緊張。


2007/7/2



クーパーヒューイット国立デザイン美術館へ。

メトロポリタンやMoMA、グッゲンハイムのように
決してメジャーな美術館とはいえないが
生活に密着したデザインをとことん追及した作品が充実していて
私は毎年必ず寄ってしまうほどの、クーパーマニアである。

$12を払って入館。
1階には
街の地図が内蔵されているステッキや
使用例がみっちりと描かれた柄の三角巾など
突っ込みどころ満載の生活雑貨が展示。

平日の昼間のため(マイナーな美術館というのも手伝って)
お客さんはほとんどおらず、ゆっくりゆっくりと見ることができた。

2階には
メディカルデータのコーナーがあり、
バーチャル雪合戦をするゲームを
やけどを負った患者にさせると
ゲームをしなかった患者と比べて
治りが早くなった、という実例が載っていた。

また
Targetという(日本でいうマックスバリュのような)
大衆向き日用品のデザインを追及しており、
シンプルだけど使いやすい、生活に自然に馴染む
雑貨の数々に、私は強制的かつ一方的に
グッドデザイン賞を捧げて帰った。


また来年も行こう。


クリックすると元のサイズで表示します

2007/7/1



アンティークマーケットやアートフェスタをウロウロしていると
私の首からぶら下がっているキャンディBOXネックレス
(キャンディを樹脂で固めたスーベニールネックレス)について
たくさんの反応があることに驚く。

ルームメイトからお店の店員さん、電車で乗り合わせた人、
そして同業者に突っ込まれたときはそわそわしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ