・イベント出展情報
・お取り扱い店舗情報
・ご意見板、メールフォーム
http://souvenir123.petit.cc/apple1/

・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2007/6/30

トランクケース  ニューヨーク日記’07


トランクケースを購入。
例によって例のごとく、出発前に日本でつぶれてしまったので
いいのがあれば、と検討しておりました。

アメリカン航空の丈夫なトランクをゲット。

結構大きな買い物だったので
「税金分(8.5%)まけて頂ける?」
と言うとまさかのOK。

言って
みる
もんだー。


通りがかりに偶然見つけたこのお店は
「Souvenir & Luggage Shop」。

「私も日本でスーベニール(Souvenir)という屋号で
 働いているのよー」と言うと、
白い歯をピカーと見せて笑ってくれた。

2007/6/29



セントラルパークで似顔絵を描く。
旅行者や、学生さんや、人力車の兄さん、通りがかりの人、
いろいろな人と笑い合える、私の好きな休日の過ごし方だ。

差し入れにもらったストロベリーアイスが
びっくりするほどジューシーで
握っていたペンをどこかに忘れてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/28

9.11のこと  ニューヨーク日記’07


ワールドトレードセンター跡地へ。

傷跡は今でも残り、毎年訪れるこの場所は
常に工事の音が響いている。

これからのことについても、
この場所に公園を作るとか、モニュメントを作るとか
色々な論議がされたのだけれども
今は、FREEDOM TOWERという
540mのビルの建設を予定しているとのこと。

負けず嫌いで、限りなく強い
ニューヨーカー達が出した結論だった。





例えば、
私の身近な人が9.11に巻き込まれていたら。

例えば、
日本で代表的な建築物が
テロによって破壊されていたとしたら。



わたしは
どんな形での再建を望んでいただろうか。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/27

足をのばして  ニューヨーク日記’07


中距離バスに少し揺られて
NJ(ニュージャージー)にある
MEADOWRANDS FLEA MARKETへ。

相変わらずの怪しい店展開。
しかも昼過ぎには(暑さからか?)
次々と閉店し始めるやる気のなさ。
営業時間実質3〜4時間の中で
回れるだけ回ろうかと
くるくるしながらうろうろする私。

ミニサイズの接着剤
ガラスドロップ
昔のマンハッタン地図
コンチネンタル航空アメニティセット
等を購入。


↓このバスに乗るのです。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/26

ユースホステル  ニューヨーク日記’07


2週目の宿に移動する。
新しい宿に移るときはいつも
ルームメイトがどんな人か
そわそわドキドキする。


4人部屋に3人のスペイン人。

オーイエー。


友人同士でNYに旅行にいらっしゃるのはよろしいが
その飛び交うエスパニョールにどう対抗するべきか。

とりあえず
「Soi,エミー(私の名前)」と言ったら

「オー、コンニチハー (二、にアクセント)」
と言って喜んでくれた。


そして、ここの宿の規約に

「No one permit climb on to the roof」
(屋根に登るべからず)

確か。。去年泊まった(別の)宿にも書いてあった気が。。

何だ?
流行っているのか?



2007/6/25

レモネードのおはなし  ニューヨーク日記’07


ニューヨークで飲むレモネードに、いままでハズレたことがない。

やたらと甘い緑茶や
ゴムの味のする紅茶や
アメリカンとはいえ異常に薄いコーヒー
口の中で大爆発スパークリングするコーラ
頭が痛くなる蛍光色のフルーツジュースなど
失敗談は数え上げればきりがない。

しかし、レモネードだけは
どこでどう飲んでもほんとうに美味しくて
特に、自家製のやつを炎天下の屋台で
その場で氷と砂糖をミックスさせて作ってくれるのが好きだ。
飲み終わりのときに
果肉と、ザラザラの砂糖を一緒に吸い上げると
なんとも幸せな気分になる。


「ハッピーは、レモネードと共にやってくる」



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/24

ゲイプライドパレード  ニューヨーク日記’07


マーケットをはしごした後向かったのは
年に一度、グリニッジビレッジ周辺で開催される
ゲイの人たちのお祭り。
私が向かったときにはすでに観光客が溢れていて、
その人々に負けないくらいの警察官が動員されていた。
9.11以来、人々が集まるところへの警官の数は
特に半端ないようだ。

そして
大音量で音楽をならし、踊りまくる人々が乗ったステージ(車)が
目の前をどんどん通過していく。
やたらと恰幅のよいミスターレディーに(協賛メーカーの)
サンプル品やステッカー等をどさどさともらう。

「LOVE LIFE」と書かれたプレートを持ち
パレードに参加する人達はほんとうに幸せそうで
アメリカ自体はもとより、ニューヨークでも
実はまだまだ偏見が残る同性愛について
マイノリティであることを悲しむのではなく
自分の人生を生きているんだ、と言われた気がした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/23

アンティークマーケット  ニューヨーク日記’07


4年目のアンティークマーケットへ。
いつもおなじみの25−26丁目、そして
41丁目の3箇所をメインで周る。

スーベニールの代名詞でもある鍵とシャンデリアガラスを
尋ねながらウロウロと。

そして今回は、1930年代のヴィンテージレースや
マッチケースなども仕入れることが出来た。


どんなアクセサリに
仕立てよう。


あー
ドキドキするー。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/22

ケーキショップ  ニューヨーク日記’07


どっぷりとアイシングがかかった
カップケーキを買った。

すごい行列ができていたので
「これはうまいに違いない」と思い
勢いで2個も購入。



死ぬほど甘い。
一口でノックアウト。



結局食べたけど。


クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/21

ミステリーツアー後半  ニューヨーク日記’07


ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境に面しており、
我々はアメリカサイドから見ることになった。
一般的にカナダ側からのほうが眺めがよいと言われているが
平坦な水の流れが突然滝になる様子を
本当に間近(1m先!)で感じられるアメリカ側のほうが
私は、好きだと思った。


そして、恐るべきバスツアー。
早朝に叩き起こされてナイアガラ観賞をすると
11:00にはNYに戻るために
バスが発車するというハードスケジュール。

バスがNYに向けて発車するなりガイドのデイビッドは乗客に向かい
「オーケーみんな、俺へのチップは6ドル、2日間だから12ドルだ。
今から集金に回る。払えない奴は今すぐここで降りてもらうぜ。」と
本気とも冗談ともとれない台詞を言い放つ。
あくまでゴーイングマイウェイ。


ちなみに、車内で流されていたビデオは
行きは「ミスタービーン」。
ありえないくらいの大爆笑で車内が包まれる。

帰りは(名前を忘れてしまったが)
やたらとシリアスな宗教的弾圧映画(英語版、中国語字幕)。
これだけ多民族なバスでこのたぐいの映画は
いかがなんだろうと辺りを見回すと
隣のギリージャをはじめ、タイ人のダンとティップ(姉妹)、
インド人のモヒンダーとラビーナ(夫妻)など
完全沈没爆睡していた。


そして、マンハッタンに戻り、バスを降りると突然の夕立。
「ここにもナイアガラがー」と言いながら
皆で笑いながら走った。



マンハッタンからのナイアガラ観光は是非バスで。
思い出の9割方がバスです。



2007/6/20

ミステリーツアー前半  ニューヨーク日記’07


「縦横旅遊」という、なんともファンキーな名前の
中国系旅行会社が運営するナイアガラ滝行きツアー
(1泊2日のバスツアー)に参加。

片道10時間のバスの旅。
50人の乗客は50%が中国人、30%がインド人、
あとの20%はタイ、マレーシアなどアジアンオンリーで
日本人は私一人のみ。ものすごくオリエンタルな乗客構成。

ガイドはデイビッド(中国人、男、30歳くらい)。
バスに乗り込むと英語と中国語を交互に操りガイドを始める。
しかもマイクを大音量にしているため
バリバリと音が割れ頭が痛い。

私の隣に座ったのはインド人のギリージャ。
サリーぐるぐる巻きのおばあちゃんだ。
おもむろにパーティーサイズのポテトチップを取り出し、
抱えながら大量に食べ始める。

デイビッドのバスレクはなんだかやたらと強引だった。
乗客に歌(皆の前で)を強制させるし
突然、「おみやげ大会ー!」と声高に叫んだかと思うと
乗客ひとりひとりに番号の入った食券のようなもの
(というかどう見ても食券)を配りだし、
無造作に読み上げられた番号に当たった者は
ヘアバンドだのうちわだのといった賞品をもらっていた。
私は何も当たらなかったが。

全て配り終えると
「さあこれで全部配り終わった。皆、寝ろ」と言い放ち
うしろを向いてしまった。

2007/6/19



NYへ旅立つ。

JFK空港に向かうまでは快晴が続き
高度10000mの飛行機からアメリカ大陸横断の様子を
ずっと眺めていることができた。

ミネアポリス近郊。
数kmごとにきちんと区画整備された農場が
地の果てまで広がっていてキレイだった。
平地がずっと続いているこのあたりは
山地王国日本ではなかなか見られない光景だ。

ずっとずっと下のほうを
時折、小型飛行機が飛ぶ。
国内線なのか、自家用なのかは分からないが
大地をすうっと横切っていく白い飛行機。

多分、一生接点がないであろうこの小さな飛行機の人に
なんだか急に会いたくなる。


クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/19

好きなものは  ニューヨーク日記’07


ニューヨークと

アクセサリと

飛行機と

空。


クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/18

準備完了  日々のこと



24日間の

どきどきと

そわそわと

わくわくが

これからの

形に

なりますように

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


いざ、

4年目のNYへ。

2007/6/17

紡ぐ時間  日々のこと


それぞれが
それぞれであることを
受け入れるがための
そんな時間を
少し拝借して

空間に織り交ぜて
共に編み上げる
日曜の昼下がり。


ケーキが
おいしかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ