・イベント出展情報
・お取り扱い店舗情報
・ご意見板、メールフォーム
http://souvenir123.petit.cc/apple1/

・Twitter
https://twitter.com/souvenir123

・Instagram
https://www.instagram.com/eminagaoka/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2005/12/27

粉雪  日々のこと

かわいいアクセサリーをつけるのは、意外な効果があるという。お気に入りのアクセサリーをつけると、壊したり傷つけたりしないように行動がおしとやかになるという。大人の女の作法を身につける第一歩になるという。
作家の柴崎友香さんがそんなことを言っていた。私の場合おしとやかは分からないが気持ちが満たされるのは確かだ。
今日は作家仲間からジルコニアのネックレスを購入した。シンプルだけど光がすごく綺麗なガラスである。

2005/12/24

空と過ごした一年  日々のこと

梅田店を終えて考えることは、もう一度アクセサリーづくりの原点に立とうかなということ。路上で見知らぬ人たちに商売をするという経験を通じて得たものはお金だけじゃなく、度胸と大胆さと繊細さとコミュニケーション能力と語学力と寒さ暑さに耐えうる身体と何より自分の作品をプロデュースする力が必要だということ。
周りのストリートアーティストの技量に圧倒されてへこんだ夜もあるけれど、その凸凹が今の私の糧となっている。

私が、作品を創る。
作品が、私を創る。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/23

雪が溶けて  日々のこと

みんな街に繰り出してくる。
昨日は大阪には珍しい横殴りの吹雪の日であった。全国的な大寒波のお陰で交通は止まるは人はこけるは電気は消えるは大変な一日だった。
そして今日はスーベニール年内最終日。だいぶ着込んでいるのに風が痛い。隣で歌うストリートミュージシャンの二人組も何枚も首に巻き付けながら頑張っている。
そしてなにより気になるのがこのすごいカップル比率。ここで出店していてこれほどまでにカップルを見たことはなかった。さすがクリスマスイブイブだけある(23日のため)。寄り添いながら歩く恋人達を眺めながら気付くのは、ああ恋人同士ってお互い似てくるんだなということ。全くの他人のはずなのに雰囲気や仕草、やもすれば顔つきまでも似ている。もちろん、似ているのであれば彼らは恋人同士ではなくただの兄妹(姉弟)が仲良く手をつないで歩いているということも可能性としては否定できない。そうでないことを前提に話をするのであればこれは結構おもしろいことだと思う。やはり類は友をよぶのか。

あまりにも寒いので本日は飲むほっかいろ(別名リキュール)を頂いて仕事をしている。なんて店長かしら。

雲ひとつない空。マイナス50℃の寒気団を見上げながら本年の梅田出店を終える。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/20

大阪の夜  日々のこと

きれいな夜景。空を見上げるのもいいけど都会の街並みも好き。
ニューヨークに行ったとき、私は街並みを沢山カメラに収めた。夜景を撮りにひとり出かけるのには若干抵抗があったが、街の光に囲まれて「眠らない街」を実感した。ニューヨークで出会ったフランス人のニコラスは夜道を歩きながらフランスの良さをずっと語っていた。ユースホステルのルームメイトはクラブに行って明け方戻ってきた。
静かな夜空も美しいけど、都会の光を見ると色々なことを思い出す。
いつの日かこの梅田の夜景を見て、寒空の下で凍りながら出店した日々を思い出すのだろうか。


クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/17

1℃の夜  日々のこと

電光掲示板の温度がみるみる下がっていく。3時の時点で5℃だったのに8時終了時には1℃。今夜は氷点下だろう。
昼の時点から今日は風がきついから飛ぶかなと危惧していたが、今回の出店で私は風に対抗するものを見つけた。名付けて「風と友達になろう販促物」oなんやねんそれ。

梅酒を呑んで、少し身体があったまった夜でした。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/15

満月の夜  日々のこと

夜空にきれいな満月が光っている。

月といえば今朝家を出るときのこと。まだ6時ぐらいなので暗闇なのだけれど、暗い中の方位は北北西、山に隠れていく月を見ることができた。逃げるように隠れていく月を見送ってしばらくすると朝日が追いつくように顔を出した。朝は寒くて嫌いなのだけれども、珍しいもの見たなと思う瞬間。いつも気づいたら明るくて気づいたら暗くなっているから。

2005/12/15

6℃の空気  日々のこと

アクセサリー制作をするようになってから、街のアクセサリーショップによく足を運ぶようになった。それは庶民向けの安価なカジュアルショップであったり、ひとつ数万から数十万円する店であったり、よく知られたブランドであったり、無名の作家であったり、天然石やパールやアクリルや革やスワロフスキーやチェコビーズやヴィンテージビーズや木や草や銀やプラチナや、それはそれは多種多様な素材との出会いで、見ているだけでも勉強になる。ディスプレイや照明効果も見るようになった。商品の包装や値札の位置に目がいくようになった。
自分の、ひとつの店舗としてのお店を持ちたいと思ったり、こんなんじゃダメだと反省したりする。
毎日がその繰り返し。でもそれが今楽しい。昨日の自分を越えることができれば充分。ちょっとずつ前へ進んでいこう。


スーベニール梅田店の作品一例↓
クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/14

さむくてあったかい夜  日々のこと

おいしいお酒をいただくと、身体が芯からあったまります。
身体が芯からあったまると、ココロが少し広くなります。
ココロが少し広くなると、違いを楽しめる人間になれるかな。

「みんなちがって、みんないい。」
金子みすずさんの詩は素朴でさりげないのだけど、大切なことを教えてくれます。



アクリル樹脂ととんぼ玉をからめた草原のネックレス↓
(売約済)
クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/12

流れ星の夜  日々のこと

昨晩神戸に行ってきた。澄んだ空を見上げると、オリオン座の中に小さな流れ星を見つけた。一瞬の発見(^-^)/なにかいいことあるかな
今日はスーベニール出店日。青空。風が強いです。本日もよろしくお願いします。


2005/12/10

9℃  日々のこと


スーべ二ールを始めてから分かったことがある。

気温と天気に敏感になった。
お金を稼ぐ大変さが分かった。
沢山の出会いに感謝するようになった。
やりたいことがあるって幸せだと思った。


今日、鎌田純子さんを見かけた。これで2度目だ。鎌田さんは私が尊敬する路上アーティストで、柔らかくも芯のあるボイスで歌ってくれるかわいいお姉さんだ。
初めてお会いしたのは11月。私が東京に行く夜行バスを待っている時だった。阪神百貨店の地下でひとり懸命に歌う姿に心惹かれた。そして今日、大好きな曲「traveling」がふと聞こえてきた。もしやと思って近づくと彼女がいた。

すごくすごく幸せそうに歌を歌う人だ。その姿勢にアーティストとしての魅力を私は感じる。
寒い夜だったけど、今日また出会えてよかった。

↓アンティークガラスのネックレス
クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/9

明けてゆく午前7時  日々のこと

今から出勤です。ねむー(ρ_-)o
今日は冷え込むそうですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/7

月のひかり  日々のこと

きれいな夜空です。星と月が浮かび上がるように輝いています。雲のない空。寒い日はさらに澄んで見えます。
本日は箕面店にメンテナンス。久しぶりの箕面めぐり。街の木もクリスマスイルミネーションにデコレートされていてきれいでした。

マニキュアをしました。アニエスべーのツインマニキュアです。薄むらさき色のコートネイル。指先がキラキラすると、それに合わせたいリングを製作したくなります。
スーベニール運営をしていて幸せを感じる時。仕入れをしている時。作品を作っている時。お客さんが作品を気に入ってくれた時。自信作が売れたとき。新作が売れたとき。反響がある時。
あと、これ私に似合うかなーと考えるお客さんの顔を見ている時。鏡を覗き込むお客さんは皆、「オンナノコの目」なのです。


↓スワロフスキーパールのネックレス。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/12/3

ふゆのおふろ  日々のこと

今日はスーベニールの日。寒空から家に帰る。お風呂を沸かす。今日は熱めの43℃。大好きなLUSHの入浴剤と石鹸に囲まれた入浴タイム。天然エッセンシャルオイルの心地よい香りが広がる。至福のひとときである。労働の後のお風呂って大好き。筋肉と冷え切った身体がゆっくりと伸びていくのが分かる。
こういう感動ってけっこう大切。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ