2014/3/1

T88XH 50MHz CW  DX QSO

調子に乗って、パラオのT88XHを呼びました。559ぐらいで聞こえています。
スプリットですのでQSOの可能性があります。

QSOをしている局を探し出して、その周波数で呼びます。ピックアップをしている周波数は、時々変動しますが、同一周波数で数局拾っている気がします。

呼び始めて15分ぐらいでコールバックがありました。

今日はコンデションがいいみたいです。

2014/3/1

DU1IST 50MHz SSB  DX QSO

+20dbでフィリピンのDU1IST藤原さんが入感していました。
すでに1エリア〜3エリアからの大きなパイルアップになっています。

20回ぐらい呼びました。GJ?のコールバックがありました。

ダイポールでパイルアップをオンフレを抜くことはまずありません。
タイミングが良かったのでしょうか。久々のDX QSOでした。

2013/11/17

W8A 14MHz CW  DX QSO

日曜日の夜に比較的強く入感していました。南太平洋のアメリカン・サモアです。CQ連発状態で+1KHzで1回でコールバックがありました。

アメリカンというのが少し気になったので調べてみました。
昔は、サモア諸島はドイツとアメリカの領土だったんですね。ドイツの部分が今の
サモア独立国となったとありました。

南の島かぁ。一度行ってみたいです。


2013/11/16

T33A 14MHz CW  DX QSO

太平洋のキリバス共和国のバナバ島です。
朝7時ごろ弱く聞こえていました。CQ連発で誰も呼んでいないようだったので+1KHzで呼んでみるとコールバックがありました。ラッキーでした。

2013/4/11

5W0M 50MHz CW  DX QSO

サモアの局です。599で強く入っていました。
SPLIT up 4KHzぐらいでコールバックがありました。

平日なのでパイルが薄かったみたいでラッキーでした。

2013/4/1

SASEが帰ってきました。  DX QSO

3月19日に出したSASEが帰ってきました。
1番に帰ってきたのはVP6DX Ducie島のカード

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ往復で2週間も掛かりませんでした。
初めてのSASEによるQSL受領です。ベランダダイポールで14MHzと21MHzでQSOした分です。うれしいです。

2013/3/19

初めてSASEを出す。  DX QSO

開局以来、主にV.UHFの運用ですからDX QSOは、少ないです。
今までSASEでQSLカードを請求したことはありませんでした。

郵便局で簡単にドル紙幣の両替が出来ることがわかりましたので、1ドル札20枚両替してみました。ピン札でした。

QRZ.COMで調べて珍しそうな局にSASEを初めて出してみることにしました。帰ってくるか楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/9

A92IO 10MHz/CW  DX QSO

久しぶりのDX QSOです。
A92IO バーレーンの局です。+1.2KHzで呼びましたらコールバックがありました。

TX5Kは、時々聞こえるぐらいで、呼べる状況ではありません。やはり東側は建物の影になって聞こえません。

A9は西側だったので何とか上手くいきました。

2012/4/22

9M0L 50 CW  DX QSO

びっくりしました。
SPLITで、あっけなくQSOできました。
もう呼ぶ局も少なくなっているようでした。

RIGのSPLITの設定が慣れていないので時間がかかったんです。
2Rで聞いていましたので、直前にQSOした局の周波数で呼びました。
50.1024だったかな。

あと2日ぐらいかな。
18時(JST)には、CQを出すぐらい呼ぶ局か少なくなったみたいです。
ご苦労様です。


2010/9/11

M0OXO 18/RTTY  DX QSO

久しぶりのDXです。
18MHzでEuがたくさん聞こえていました。
イングランドのリーズの局です。CQを出していましたので
呼んでみましたら一発でコールバックがありました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ