2014/11/2

ポイントの重量調整  アーチェリー

本日、矢の調整を行いました。
具体的には、ポイントの重量調整です。ストリングハイトは、いつもの9インチに固定です。
使っているポイントは、ブレークオフポイントで10gr単位で調整できます。
折って長さを短くして行くと重量が軽くなります。(重くして行くことはできません)
12本の矢を80gr6本、90gr6本にして、テストしてみます。
各2本ずつは、ベア(羽根を張っていない)にしています。

18mと30mでそれぞれ各18射てみました。
まずは、ベアの調整です。90grの方が、外れが小さいです。
30mで80grは、フレッチとベアでフレッチはゴールドを捉えたときベアは、8時方向にブラックぐらいになります。90grは、7時〜8時方向にレッドからブルーです。どうやら90grが良さそうです。

90grの矢でブランジャーを調整しました。
100grのポイントのときあまり反応しないなぁと思っていましたが、90grでは、シャープに反応します。バネ圧を1回転弱くします。ベアが今度は右に出ます。
弱くしすぎたようです。1/4回転ずつ強めていきます。1/2回転戻したところでベアとフレッチが混ざるようになりました。

90grの矢と調整したブランジャーで18mを射てみます。
6本中5本がゴールドを捉えました。これは、私にとってすごいことです。

再度30mで射てみます。左右のブレはかなり少ないです。ちょっと6時方向に集まってきました。疲れてきたときの症状です。
すでに、80射ぐらい射ています。クリッカーがなかなか落ちなくなってきましたので今回の調整は、これで終了にしました。

このセッティングで当面やってみます。少し自信がついたように思います。








2014/10/22

サイトピン  アーチェリー

私は、サイトピンは、大きめなものが好きです。
今は、12mmの四角いサイトピンを使っています。

サイトピンのドットの部分は、最近光ファイバーのものが多くなりました。
光ファイバーが、周りの光を集めて、光ファイバーの断面を明るく灯します。
その明るく灯った点をドットとしています。

サイトピン径が大きなファイバーピンが欲しいと思っていました。

サイトピンとしては、相当値段が高いのですが、思い切って購入しました。

クリックすると元のサイズで表示します

このサイトピンを通して的を狙います。私にとっては一番思い入れを注入する部分ですので奮発しました。

結果はどうなるでしょうね。

2014/9/7

今日の記録会  アーチェリー

矢をA/C/Gにしてからスコアーが伸びません。
A/C/Gにして2ヶ月ほどたちますが、まだアルミ矢のときの
スコアを超えることが出来ません。
本日、30mWで記録をとりましたが、後半はクリッカーが落ちず
往生しました。

クリックすると元のサイズで表示します

東京都障害者スポーツセンターでの記録会は、4分6射です。
6射は苦手です。2分3射のほうがスコアがでます。
体力の問題ですね。

300は、程遠い状況です。

2014/8/30

ハムフェア2014「音創り研究会」通信販売  実験・テスト

お待たせしました。ハムフェア2014「音創り研究会」頒布品の通信販売が始まりました。詳しくは、こちらです。


2014/8/30

「DMS-10MHキット」取扱説明書 訂正あります。  

「DMS-10MHキット」の取扱説明書に間違いがございました。
お詫び申し上げます。訂正の内容は、こちらで案内されています。

2014/8/25

2014 ハムフェア ありがとうございました。  実験・テスト

ほんとうにたくさんの皆様に「音創り研究会」のブースに立ち寄っていただきました。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

マイクプリアンプキットは、事前に購入順番を決める抽選を行う旨アナウンスしていましたので、開場直後の長蛇の列にはなりませんでしたが、抽選発表の時間になると人だかりになってしまいました。ご近所のブースにご迷惑をおかけしました。

クリックすると元のサイズで表示します

たくさんの方に手にとってマイクプリアンプキットを見ていただきお買い上げいただきました。ありがとうございます。

キットの製作についてのサポート体制も全力を挙げて対応いたしますので、
”動いた”とか”動かない”などいろいろお聞かせください。(励みになります)

2014/8/10

DMS-07GTキット生産中  

ハムフェア2014の「音創り研究会」で頒布する真空管マイクプリアンプキット「DMS−07GT」の最終袋詰めを行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

部品袋は、主に外装品と内装品に分けて袋詰めしました。この2つの袋はケースの中に入れます。真空管は、Tung−solの「6SN7GTB」です。
現行生産品の新品です。各真空管毎に測定データ付です。

ブース(ブース番号C−018)で実際に音の確認が出来るよう完成品の展示も行う予定です。



2014/8/3

2014ハムフェア準備  実験・テスト

毎年恒例の「音創り研究会」ハムフェアブースの準備を行いました。

キット品の準備です。DMS-09BBが出来上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します

DMS-07GT、DMS-09BB、DMS-10MHを測定器を用いてスペックの確認です。

クリックすると元のサイズで表示します

ハムフェアまであと3週間を切りました。楽しみです。

2014/7/28

2014ハムフェア「音創り研究会」ブース企画内容  実験・テスト

2014ハムフェアでの「音創り研究会」頒布品、企画品の紹介です。
音創り研究会代表のJA1BBP 早坂OMのBlogにUPされました。

キット品などの頒布のほか、各種相談にも丁寧に対応できるように心がけた楽しいブースにしたいと思います。

無線の世界の中で「AF分野」に特化したブースです。
心よりたくさんの皆様のご来訪をお待ちしています。


2014/7/22

「DMS-10MH」2014ハムフェア頒布品  実験・テスト

2014ハムフェアーで「音創り研究会」のブースで頒布予定のマイクプリアンプキットは、3種類。「DMS-07GT」、「DMS-09BB」、そして「DMS-10MH」です。
今回は、「DMS-10MH」の紹介です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マイクプリアンプとしての使用と、ヘッドフォンアンプとしての使用が出来ます。
2個のアンプ部を一つのケースに内蔵しており、マイクプリアンプは、平衡出力、ヘッドフォンアンプは、ステレオとして動作します。

取り扱う信号電圧が大きく違い、ゲインも大きく違うマイクプリアンプとステレオヘッドフォンアンプを真空管を用いて実現しました。

これは、シャックにあると非常に便利です。送信用のマイクプリアンプとしての使用、受信時のヘッドフォンアンプとしての使用が出来ます。ただ同時には使えません。シャックのアクセサリーとして私自身欲しかった機能を持ったマイクプリアンプです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ