2016/6/20

DMS-07GTbis  

2016年ハムフェアで頒布予定の真空管マイクプリアンプの
名称が決まりました。

「DMS-07GTbis」

2014年のハムフェアで頒布いたしました「DMS-07GT」の
再頒布版です。

@真空管は、12SN7GT NOS管を使用します。
 RCAやGE、SYLVANIAなどvariousになります。
A「DMS-07GT」は高級部品を数多く採用していましたが、
 同じ部品構成とすると大幅にコストが上がってしまいました。
 今回の「DMS-07GTbis」は、基本性能をあまり落とすことなく
 汎用の部品を多く採用しました。
 結果コスト値上がり分は、何とか吸収できる見通しです。
Bヒーター電圧が、12.6Vですので、6.3Vだった
 「DMS-07GT」と比べてヒーター電圧を作る部分の回路が不要に
 なっています。
 *「DMS-07GTbis」も13.8V動作です。
C回路は、「DMS-07GT」と回路構成は基本的に変わりません。
 双三極管によるカソード接地2段増幅とFETによる
 ソースフォロアです。

今日は、ケース加工の穴あけ作業の一部を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


これから、暑い夏に向かって煮詰めてゆきます。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ