2012/6/1

YAHA AMP 組立中A  実験・テスト

早めに帰ってきて、YAHA AMPの製作の続きをしました。

OP AMP部は、別に小さな基板でユニット化しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ランド基板法での配線ですと、この部分をどうするか悩んだんですが、サンハヤトのICB−86を小型にカットして、配線しやすくしました。この基板をゴム足でベタ基板から浮かせて取り付ける方法です。

今日は、基板上の配線まで終わりました。
ランドの場所は、適当にやりましたんでゴチャゴチャになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

早速、電源を繋げて、真空管部の動作チェックをしました。

クリックすると元のサイズで表示します

2MΩの半固定抵抗を調整して、バイアスをー0.65Vにしてみます。
ちゃんと反応しています。

クリックすると元のサイズで表示します

プレート電圧は、7.48Vになっています。ちゃんと動作しています。
13.8Vを印加していますんで、47KΩのプレート負荷抵抗で、6.32Vドロップしています。プレート電流は134μA流れていることになります。

今日はここまでです。週末には、音出しテストです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ