2014/11/2

ポイントの重量調整  アーチェリー

本日、矢の調整を行いました。
具体的には、ポイントの重量調整です。ストリングハイトは、いつもの9インチに固定です。
使っているポイントは、ブレークオフポイントで10gr単位で調整できます。
折って長さを短くして行くと重量が軽くなります。(重くして行くことはできません)
12本の矢を80gr6本、90gr6本にして、テストしてみます。
各2本ずつは、ベア(羽根を張っていない)にしています。

18mと30mでそれぞれ各18射てみました。
まずは、ベアの調整です。90grの方が、外れが小さいです。
30mで80grは、フレッチとベアでフレッチはゴールドを捉えたときベアは、8時方向にブラックぐらいになります。90grは、7時〜8時方向にレッドからブルーです。どうやら90grが良さそうです。

90grの矢でブランジャーを調整しました。
100grのポイントのときあまり反応しないなぁと思っていましたが、90grでは、シャープに反応します。バネ圧を1回転弱くします。ベアが今度は右に出ます。
弱くしすぎたようです。1/4回転ずつ強めていきます。1/2回転戻したところでベアとフレッチが混ざるようになりました。

90grの矢と調整したブランジャーで18mを射てみます。
6本中5本がゴールドを捉えました。これは、私にとってすごいことです。

再度30mで射てみます。左右のブレはかなり少ないです。ちょっと6時方向に集まってきました。疲れてきたときの症状です。
すでに、80射ぐらい射ています。クリッカーがなかなか落ちなくなってきましたので今回の調整は、これで終了にしました。

このセッティングで当面やってみます。少し自信がついたように思います。










teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ