2012/2/12

やっと設置  FTDX9000D

パソコンラックにギリギリ収めています。
コロがあるパソコンラックですのでまだマシですが、毎度FTDX9000Dの取り外しや取り付けは大変です。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、QRVできるようになりました。

PRIAMP ONで確かにJA2IGYの信号は、以前よりよく聞こえます。
でも所詮ビームの鋭いアンテナではないので、ノイズも大きくなります。

スペアナとオシロの反応スピードが早くなったような気がします。
いろいろ変わったのかな。



2012/2/5

FTDX9000D WDXC 特別仕様  FTDX9000D

私のFTDX9000Dは、購入してから早いもので6年半経ちました。
すでにPEP化済みですが、いろんな点検を含めてWDXCの特別仕様にしてもらいました。受信を色々変更してもらいました。RF関係では、50MHzのRF PRIAMPを追加しもらいました。50MHzでIPOスイッチを入れるとPRIAMP ONとなります。青色点灯します。

クリックすると元のサイズで表示します

また、50MHzで、ANT SELECTをRXにすると、受信段にダイレクトに接続されます。受信部のTOPにある分配や切替回路をパスさせるんですね。これで、PRIAMPとあわせれば、相当N/Fは改善されたようです。ただし、二波受信はできなくなります。

AF段は、オーディオアンプの周波数特性を変えてもらいました。ノイズと信号のの分離が良くなりました。DSP臭さがなくなった感じです。

XLRマイク入力は、タムラのマイクトランス TPAS-203を装着し、完全平衡入力としました。

顔つきも変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

メインVFOツマミや3つのサブツマミが変わりました。
ダウンライト類も変わっていい雰囲気です。

フロントパネルのCAPSCREWも変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

QRV時の気分は、相当変わりそうです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ