2006/10/21


MD421Uのエージングはまだ進んでいませんが、私の印象では
すこし乾いた音に感じます。
音の切れと芯の強さはさすがという感じですが、ちょつと粘りというか、
ウエット感がほしい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

よりベターなエフェクトを探っています。

2006/10/21


やっぱり。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

来ちゃいました。

早速、ちょっと音を出してみました。

低音域から中音域のもたつきのないスピード感、中高域の透明感は
流石です。

サイコーにハッピーです。

2006/10/15

’06 東京CW  CONTEST

朝早起きして、と言ってもコンテストはすでに始まっておりましたが、何とか
7時台から参加しました。

参加部門は、50MHzです。
先週のACAGは、JA1AGJでやったんで今週はJE3OZB/1
でやりました。

結局11時半過ぎまでQRVし、70局弱出来ました。
意外と多く出来ました。

@27、@19なんかも出来ましたが、@18は出来ませんでした。不思議です。


2006/10/9

'06 ACAG CONTEST NOWD  CONTEST

日曜日の12時を回ったぐらいから、リタイアモードでした。
まったく局数が伸びませんでした。

2エリア、3エリアがまったくだめでした。
2エリア@20は、1局も出来ませんでした。
3エリアから何局か呼んで頂いていたみたいですが、取れませんでした。
MSのような、急峻で深いQSBが多かったです。
結果としては、150局ぐらいです。

C50Pは、JJ1VOM/1がブッチでしょうか。
C50Mは、7M3QQP/1が有力です。
いつものHクラス局がまったく聞こえませんでしたので
総合のHMPでも上位だと思います。

X50Hは、500局台後半のQSO数が報告されているようです。

土曜日の開始前の夕方は、G.Wが伸びていたので、コンデション的には
まずまずだったのかなと思っています。

天候の影響か移動局が少なかったですし、参加局数そのものも少なく感じました。

2006/10/8


サウンドハウスに土曜日に注文して、日曜日の午前中に届きました。
24時間以内に届いちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ACAGコンテスト参加中ですが、早速セッティングしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

たまりません。しびれます。

どんな音が出るんでしょうか。

2006/10/8

'06 ACAG CONTEST NOWC  CONTEST

結局、3時までは、109局止まり。今年のACAGは、参加局が少ないのでしょうか。

C50P部門は、JJ1VOM/1が、自己の持つレコードを破る勢いでぶっちぎり
の状況。この部門参加と思われていました7M3QQP/1は、C50Mに鞍替えで
した。

なんとか、入賞できないかな。4時間もたっぷり寝てしまっては無理ですね。

2006/10/8

'06 ACAG CONTEST NOWB  CONTEST

12時までにちょうど80局とQSO出来ました。目標の100局は、
遠く及ばずです。昨年は79局ですから、これぐらいが実力の限界でしょう。

2エリアが1局しか出来ていません。不思議です。やはり天候の影響で
移動局が少ないみたいです。

3時までに120局目標です。

2006/10/7

'06 ACAG CONTEST NOWA  CONTEST

あと20分ほどで始まります。

V-HB9CVも設置完了。

この時間帯が一番どきどき、楽しい時間帯です。

12時までに100局できるかな。スタートダッシュ決まるかどうか。

2006/10/7


よく考えました。

SENNHEIISER MD421Uは、値段も高すぎますし、少し冒険しすぎます。

これにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

CLASSIC PROのCM8BD です。
MD421Uと比べて、値段にして十分の一のマイクです。
CLASSIC PROシリーズは、サウンドハウスのPB商品でしょうか。
コストパフォーマンスは良さそうです。 

マイクホルダーベース、グースネックなども同時に注文しました。

これぐらいの値段ならやばくありません。

でも、ついにこの世界にもちょっとだけデビューです。
(今まで無線機用マイクしか使ったことがない)

2006/10/7

'06 ACAG CONTEST NOW@  CONTEST

今年のC50Pは、大激戦になる見込みとなりました。

早々に某コンテストMLにACAG C50Pレコードホルダーが移動で参戦表明。
ALL JAでAGJが持っていたレコードをあっさり抜き去った局も
おそらくこの部門。(この局とは昨年のACAGで大バトルの末僅差で
振り切ったものの...)

最低200局以上が入賞ラインか、それとも250局以上か。

QRPは、移動しないと勝てそうにありませんが、今回も自宅からです。
 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ