2006/8/31  12:25

太魯閣 その2  台湾

前回の続きで、花蓮の観光スポット太魯閣の写真をアップします。

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA28-70mmF4AL

ここまでは、前回と同じ場所ですが、下の写真からは、車で少し上流の方へ移動しています。

このトンネルは、大理石を手作業で掘って作ったトンネルだそうです。よく見ると、手作業で掘って行った跡が確認出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA28-70mmF4AL

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA28-70mmF4AL

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA28-70mmF4AL
0

2006/8/29  19:30

太魯閣 その1  台湾

26日は14時の電車で台北へ帰る予定だったので、朝早くから花蓮でおそらく最も有名な観光スポット、太魯閣へ行きました。ここは台湾の国立公園だそうで、正に風光明媚と呼ぶにふさわしい美しい場所でした。清流と幾重にも連なる山々が織りなす美しい景色を満喫してきました。たくさん写真を撮ったので、2回に分けて掲載して行きます。
ちなみに、ずーっと悪天候に泣かされてきましたが、前日、赤柯山へ行った日は雲が多かったですが、少しいい天気で、この日はついに、待ちに待った快晴でした!

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA20-35mmF4AL

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA20-35mmF4AL

水はとても澄んでいて、ひんやりと冷たく、私も水の中へ入りましたが、夏の暑さを忘れさせてくれます。大勢の観光客がいましたが、皆水辺や川の中で、思い思いに涼をとって楽しんでいたのが印象的でした。
1

2006/8/28  0:12

原住民の祭り  台湾

つい先程家に帰り着きました。さすがに疲れてくたくたですが、興奮が冷め止まぬうちにもう一つアップしておきます。
前回の続きになりますが、赤柯山から省道9号線を花蓮へ戻る途中、和榮大橋をわたる直前に、大勢の人で賑わっているお祭りが見えました。今はちょうど原住民のお祭りの時期だそうで、早速引き返して会場へ行ってみました。台湾は大陸から渡って来た漢民族が最も多いのですが、実は元々済んでいた原住民がいます。今日では、普通の台湾市民としてモダンな生活を送っている人たちが多いそうですが、今でも独自の伝統や文化を大切に継承しているそうです。ちなみに、この日お祭りをしていた原住民の人たちは、光榮部落の原住民だそです。

老若男女入り交じり、輪になって踊っています。かけ声を掛けながら真剣に踊っていて、間近で見るとかなり迫力があります。
クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited

「写真とっても良いですか?」と聴いたら幾つもポーズをとってくれました。とても明るくて気さくな人たちでしたが、古の原住民の戦士を思わせる剽悍さと力強さを感じました。
クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited
0

2006/8/27  10:54

赤柯山  台湾

24日は淡水から帰って来た後、夜の11時頃台湾東部の花蓮へ出発しました。嫁さんの友達と花蓮出身のボーイフレンドが車で迎えに来てくれて、途中寄り道をしながら、朝の2時過ぎくらいに花蓮へ到着しました。とりあえず朝まで寝て、昼前から花蓮県玉里の赤柯山へ行きました。金針花という花が一面をきれい覆っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA28-70mmF4AL

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA80-320mmF4.5-5.6

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited

実はこの金針花というのは食用で、この後地元のレストランで食べました。食べた感じは野菜みたいで、美味しかったです。花はちょうど今が見頃なようで、観光客が大勢来ていました。
ちなみに私の夏休みは今日で終わりで夕方の便で日本へ帰ります。
0

2006/8/27  2:14

淡水  台湾

25日の未明から26日の夜まで台湾東部のリゾート地花蓮へ行っていて、ネットに接続出来る環境が無かったため、更新が滞ってしまいました。今旅行中は毎日写真を撮り続けているので、整理するのが大変です。早速花蓮の写真をアップしたいのですが、24日に遡り順番にアップして行きます。

24日の木曜日は嫁さんの母、叔母夫婦、従姉妹2人、祖父、そして私たち夫婦の大人数で台北郊外の淡水鎮へ遊びに行きました。まず、淡水で有名な観光スポット漁人碼頭へ行き、そこから船で対岸の八里へ行きました。ちなみに、私が台湾についてからこの日まではずっと雨で、天気には全く恵まれませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA28-70mmF4AL
台北県淡水鎮漁人碼頭

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA28-70mmF4AL
淡水河を漁人碼頭から八里へ向かう船より淡水の町並みを望む

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA28-70mmF4AL
台北県八里より淡水の方面を望む

八里では原住民料理を食べましたが、特に観光はせず、来たときと同じく、船で漁人碼頭へ帰りました。淡水に嫁さんの伯父が経営しているレストランがあり、そこへ皆で行くのが最終目的でしたが、その途中で紅毛城という歴史的な建物を見学しました。台湾はオランダに占領されていた時期があり、元々はその頃にオランダ人によって築かれた要塞で、その後は英国公使館としても使用されたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA20-35mmF4AL
台北県淡水鎮紅毛城
0

2006/8/24  1:02

北京ダック in 台北  台湾

昨日は一日中台北市内を廻りました。昼と夜、私のかみさんの両親と共に食事をしましたが、私の義父は大変な食通で、いつも美味しい中華料理をご馳走してくれます。昨日の夕食は私の大好きな北京ダックへ行きました。台北市復興北路86号2楼にある「北平陶然亭饗廳」というレストランへ行きました。台湾に行く楽しみの一つは、やはり美味しい物を食べる事だと思うのですが、ここのレストランは今回で3度目ですが、日本人は殆ど見かけた事がありません。日本で普及している台湾の観光・グルメ情報に全く詳しくないので、適当な事を言って恐縮ですが、もしかしたらあまり日本人には知られていない、現地人の行くレストランなのかな?と思いご紹介します。

通りに出ているお店の看板です
クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA20-35mmF4AL

まず、こんな感じで席までダックを運んできて、私たちの目の前でダックをさばきます。
クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA20-35mmF4AL

そしてお皿に盛りつけるとこのようになります。
クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA20-35mmF4AL

ダックの骨付き肉がたくさん入ったダックスープです。
クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 FA20-35mmF4AL

勘定はいつも義父が済ませてしまうので、詳細は分かりませんが、私のかみさんに依ると、上の写真の他にデザートを含め4皿、4人で満腹まで食べて、食べきれなかった分は、義妹へのお土産に包んでもらって,大体\5,000くらいだそうです。
0

2006/8/23  1:23

花蓮その2  台湾

昨日の昼過ぎに無事台湾に着きました。一昨日までは快晴続きで暑かったそうですが、昨日は雨が多く、むしろ東京より涼しいくらいでした。8月19日の記事で、私のかみさんが台湾東部のリゾート地、花蓮で撮った写真をご紹介しましたが、こちらに着いてから残りの写真を全部見せてもらったら、他にもきれいな風景がたくさんあったので、追加でアップします。

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited

クリックすると元のサイズで表示します
*istDL2 DA40mmF2.8Limited
1



AutoPage最新お知らせ