☆NON-ALCOHOL DAYS☆

 

記憶の跡  


『記憶の跡』

クリックすると元のサイズで表示します


ALQUIT BBS (掲示板)


2017/2/22

門出  

卒業論文にかなりてこずっていたようだが、
それも無事に仕上がり、いよいよ卒業となる息子。

内定の職場での赴任先が東京と決まったようである。

「仕事」というものに取り組む姿勢や、責任感という
点では、心配のない男である。

ただ、東京という大阪とは真逆の環境で、一人暮らし
というのが淋しいのではないかと思う。

いや、やはり東京に決まって淋しいのは私である。

娘なら、結婚という事が一つの巣立ちとなるのだろうが、
男はやはり仕事で独り立ちすることである。
そのことが嬉しいような、淋しいような、複雑な
心境で今いる。

そして、自分の頃と重ねて見るとき、やはり若い男は
輝いて見えるものだと実感する。

いくつになっても、この輝きを失ってはいけない。
それは挑戦し続ける勇気を持ち続けることで
あるかもしれない。

息子の輝きを自身に映すとき、月や星のように
光失せるようなことではいけないと、
また自らの生き方に襟を正すのである。

クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ