2010/12/21

花宮夢。  黒子のバスケ

…黒バスめ(>_<。)←

突発的に書きました。
突発的なのは今に始まったことではないですが、今までにないくらいの突発性。
そしてこれこそ本当の短編。
短いです。

寧ろ後書きメイン←
※今週ジャンプネタばれ注意!







 花宮はチラリと視線を動かした。

 熱気に包まれた空気、目まぐるしく動く景色。
 走り回る選手の合間に、その姿を捕らえる。

 試合の対戦校である誠凛のベンチサイドに佇む女生徒。
 マネージャーであろう彼女がハラハラとした様子でコート内を見守っていた。
 その視線が懸命に追うのは、自分と同じく、“無冠の五将”の称号を持つ選手−鉄心だった。

 彼女が優秀なマネージャーであることは想像に容易い。
 恐らく彼女も“気付いている”。

 不安に揺れる瞳が見つめる先を見て、密かにほくそ笑んだ。
 







『すいません、第一コートってどっちですか!?』



 単独での移動中、余程焦っていたのか、タックルするような勢いで訪ねてきた女。

 よく通るハッキリとした明るい声に、大人しそうな外見。
 幼い顔立ちに、大人びた表情。
 意志の強そうな瞳に、柔らかな雰囲気。

 ギャップだらけの彼女には一瞬で興味が湧いた。



『第一コートはあの角を左だよ。オレもそこでやってる試合気になってるし、何なら一緒に行こうか?』

『いいんですか?ありがとうございますっ』



 無垢そうな笑顔に、興味が募る。
 しかし、それもつかの間の出来事だった。



『あ!木吉君リバウンドッ』



 着いた先で、彼女のその表情を確認した瞬間に、興味は何かに変化する。

−誠凛、木吉鉄平…ね。

 ドロドロとした感情と共に、何とも言えない愉しさがどこからともなくこみあがった。









「うおお!誠凛のラン&ガン!」



 誠凛の得意攻撃パターンに、観客が沸く。
 ボールがリングに激突し、仲間の隣で構えていた木吉がリバウンドに反応した。
 垣間見た彼女の視線は、やはり木吉一直線。

 自分とは、一度も絡まない視線。どす黒いモノが疼く。



「あーあ…、」



 つくづく、面白くない。

 自分がさぞ愉しそうに笑っているであろうことを自覚しながら、仲間に“合図”を送った。
 パチン。
 小さな振動が、空気を伝う。



「−ご愁傷様」


 作戦通りにリバウンドのタイミングを遅らせた仲間が、木吉に乗っかる形で接触した。
 作戦成功の確信。

−ブチッ。

 木吉の着地と共に、何かが切れる、音がした。



「…っぐっ−−−!!」



 音にならない悲鳴が空気を満たす。
 動揺が満ち一気にざわめく空間の中、花宮の耳は悲痛な声を拾った。



「っ木吉君…!」



 視界に黒髪が過ぎる。
 他のメンバーや監督に紛れて木吉に駆け寄った彼女に顔を向けた。

 絶望が滲むその瞳に、胸がスッとするのを感じる。
 ふと彼女の顔があがり、



−絡み合う視線。

 時が止まる感覚。
 見開く瞳に、唇が歪んだ。







恋するアイツの目が嫌い


(ぶち壊してやりたくなる)
(何でこんなことになったんだろう)


黒愛、タワー崩し。





―後書き―

はっは、こんな予定なかった。
このバタバタ時期に、材料も揃わない彼を書くつもりは毛頭なかったー!!!
ちくせう今週のジャンプめっ。

花宮ぁああああ(゜Д゜)
おま、おま…!!!(カタカタ)
わぁあああん木吉ー!木吉ーーっ!!木吉ぃいいいいっっ!!

花宮め何してくれとんじゃい!←

もう木吉がっ日向が!
二人の友情やり取りにきゅんきゅんきゅーん!
やばい泣きそうなった(/_;)

ああみんなを心配させまいと笑顔で嘘つく木吉が!
そんな木吉の嘘を見破って一人残る日向が!
立ち聞きしてるリコ先輩にもきゅんきゅんきゅんきゅ(自重)
もう最後の木吉さんはだめよ!

黄瀬君の時といい、先生ぱないっ。

黄瀬君は純粋にかっこよかったけど、今回の木吉のは涙がやばかった!
絵柄的には熱血系な感じだったんだけど(←)、何ていうか空気がね、雰囲気が好きすぎたー!!!
あわあわわー…。

くっそう花宮ー!
完全に悪役に回りましたね!?
しかし今回はイケメンショットが多かった…!←

いやいやでもだからって何しても許されると思うなよぉおおお(゜Д゜;≡;゜Д゜)

何気に素敵お題を使わせて頂いているんですけど。
実はずっと使いたくて、でもしっくりくるキャラがいなかったやつなんですよ。
しかし今週の花宮さんでキタコレ(爆)
まさかの黒バスに出現。

花宮は完全に狂気系に分類されました。
おめでとう、見事黒バスの狂愛担当だよww

あんなに明るく初登場した木吉にこんな過去があったとは!
やはりギャップは最高ですよねっ(違)

ははん←
お付き合い有難うございました!
素敵お題を提供して下さった管理人様に感謝を込めて<(_ _)>



(お題配布元:mikke様)
20



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”